家庭用脱毛器で脱毛できる部位について

家庭用脱毛器で脱毛する際、この部分は脱毛できるのか出来ないのか気になる方も多いでしょう。
その答えを言うなら、脱毛器によって異なるという事です。

例えば、顔の脱毛もできる脱毛器もあれば、ビキニラインの脱毛ができない脱毛器もあります。
脇や脚などの人気のある主要な部位は大抵脱毛できますが、
顔やビキニラインなど敏感な部位だと脱毛できない家庭用脱毛器も多いのです。

しかし、リアルな裏話をさせてもらうと、全ての脱毛器とは言えませんが、
実際は脱毛できない事はありません。

メーカーとしてみれば、敏感な部位を脱毛して、
万が一肌トラブルがあり騒がれるのが嫌なだけなのです。
実際に脱毛魔女は、ケノンで唯一推奨されているI・Oラインの脱毛をしました。
自分では脱毛しにくい部分ですので、他の人に脱毛されるのは恥ずかしいですから、
レベルを下げて自分で脱毛しました。

でも、メーカーが推奨していないことを脱毛魔女がおすすめするわけには行きませんので、
脱毛される方は自己責任でお願いいたします。

一応家庭用脱毛器は、ほぼ全身脱毛できますが、
わかりやすいように脱毛できる部位の図を掲載しておきます。
是非参考にして下さい。

脱毛できる部位の図
I・Oラインの図

家庭用脱毛器の部位別回数は

当サイトで何度も言っているように脱毛回数は個人差や使っている脱毛器によっても異なります。
ですから、これから紹介する回数はあくまでも目安であるので参考程度にして下さい。

顔:8回~12回
ヒゲ:15回以上
両脇:8回~10回
両腕:8回~10回
背中:7回~10回
お腹周り:6回~10回
手の甲や指:3回~5回
脚:8回~15回
足の甲と指:3回~6回
V・Iライン:12回~15回
Oライン:15回

管理人の体験と一般的な部位別の脱毛回数によってこのような数字になりましたが、
家庭用脱毛器も場合もう少し回数が多くなる傾向にあります。

しかし個人差はあるにしてもこのくらいの回数を脱毛すれば、ムダ毛の量が減り、毛も薄くなり、かなり綺麗になるはずです。

家庭用脱毛器の脱毛ペースは?

毛周期の問題もありますが、家庭用脱毛器は月2回のペースで脱毛していっても良いでしょう。
実際に多くの家庭用脱毛器の説明書にはそのように記載されております。

まずはそのくらいのペースで3ヶ月~半年くらいは続けて下さい。

そうすると徐々に毛の生え方が遅くなり、早い方だと半年くらいで脱毛する必要がないと感じられるくらいです。
そして、効果が目に見えて出てきたら脱毛ペースを月1くらいに減らしても良いと思います。

毛があまり生えてこない状態で脱毛回数を増やしても意味はありませんので、
毛の生える成長を見ながら脱毛回数を決めると良いでしょう。
その辺の毛の周期に関しては脱毛周期でもお話しております。

月2回のペースで脱毛するのは面倒に思えるかも知れませんが、
半年後くらいには見違えるほど綺麗になっていると思いますので、
頑張って続けて下さい。

時間を作り通い続けるエステやクリニックにより全然らくなはずです。

次のページ永久脱毛出来るの?

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器