家庭用脱毛器の人気ランキングTOP家庭用脱毛器のQ&A>永久脱毛は自宅で使える家庭用脱毛器で出来るの?

自宅で使う家庭用脱毛器は永久脱毛できるのか?

家庭用脱毛器は永久脱毛出来るの?

家庭用脱毛器を使い自宅で永久脱毛できるのかについては、よく聞かれる質問です。
皆さんどうせ脱毛するなら、永久脱毛してツルツルのお肌になりたいのでしょう。

まずその話をする前に永久脱毛とは
どのような事なのか紹介しなくてはいけません。

皆さん永久脱毛というと、
一生ムダ毛(産毛も含む)が生えてこない事をイメージしているようです。
管理人もそうでした。

しかし、実際の永久脱毛の定義は、アメリカののFDA(食品医療品局)が定義している
3回照射して6か月後、毛が67%減毛している状態を永久脱毛と言っています。
完全に毛が生えないという事ではないようです。

他にも色々な定義がありますが、これが永久脱毛の一般的な定義と理解しておけば良いでしょう
(日本では永久脱毛の定義はない)

3回照射して6か月後、毛が67%減毛しているのはどのくらいかと言われれば、管理人も答えられませんが、
絶対に毛が生えないとは言えないまでも照射回数を増やしていけばほぼ毛が生えない状態になると思います。

それでは家庭用脱毛器でそれが可能かと言われれば答えはNOです。
もちろんそれは脱毛エステでも同じです。

永久脱毛が出来るのは、クリニックのレーザー脱毛か電気針を毛穴に刺し電流を流して毛細細胞を破壊する
絶縁針脱毛と言われているものだけです。

実際に医師法という法律で、「レーザー光線やそれに相当する光で毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する」
行為は医療機関でしか出来ないと定められ、永久脱毛とは毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する事です。

ですから、永久脱毛は家庭用脱毛器はもちろん脱毛エステでも出来ません。
もっと言えば、家庭用脱毛器や脱毛エステで永久脱毛という言葉すら使ってはいけないのです。

家庭用脱毛器や脱毛エステで毛が生えてこないというのは嘘?

たまに家庭用脱毛器や脱毛エステで脱毛して毛が生えてこなくなったというサイトや口コミがありますが、
それは誇大表現か脱毛してそんなに期間が経っていないだけでまともに信用してはいけません。
脱毛する前のように毛が生えてくることはありませんが、産毛くらいは生えてくるようになります。

もちろん毛の生え方は個人差がありますが、
管理人は家庭用脱毛器と脱毛サロンでも脱毛して薄い産毛くらいは生えてきます。

対して今の医療脱毛なら毛が生えないと言っても良いくらい脱毛出来ます。

これが一昔前の旧式のレーザー脱毛機なら生える可能性はありますが、最新の機器を置いているクリニックで脱毛すれば
産毛すら生えてこない状態になると思います。 (人間の身体なので絶対はありませんが)

ただ、家庭用脱毛器や脱毛エステでも毛に対して極端に神経質にならなければ、
十分に綺麗な脱毛は出来ます。
永久脱毛について誤解している方も多いですから、まずはそこを理解して下さい。

家庭用脱毛器の脱毛と永久脱毛の何が違うのか?

脱毛と永久脱毛の違いを図解で説明?

永久脱毛と家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛と何が違うのかというと、
基本的には脱毛力の違いでしかありません。

もっと専門的に言えば、クリニックの永久では完全に毛細細胞を破壊できますが、
家庭用脱毛器や脱毛エステでは完全に破壊することはできないといういう事です。

ただし、法律的にはクリニック以外では毛細細胞(毛乳頭)を破壊できないとされていても、
どのくらい強い光(レーザーやフラッシュの光)を照射すれば毛細細胞が破壊できるという定義はないのです。

つまり、正確に調査しているケースはないので断言は出来ませんが、
家庭用脱毛器や脱毛エステの脱毛結果を見ると完全には破壊していなくても、
それなりに毛細細胞に影響を与えていると言えます。

クリームやワックスでは脱毛できない?

除毛クリームや石鹸、脱毛ワックスで脱毛が出来ると思っている方がいますが、
脱毛が出来るのはクリニック、脱毛エステ、家庭用脱毛器だけです。

それ以外の物はあくまでもお肌の表面に出ている毛を処理するだけの除毛で、
毛が生えなくなったり、薄くなったりする脱毛ではありません。

今では脱毛という事が広い意味で使われているので、 除毛と脱毛と混同している方も多いのですが、
現在ではお肌に光を当てたり、毛穴に針を挿す方法でしか脱毛は出来ないのです。

もし、除毛クリームや石鹸、脱毛ワックスで脱毛が出来るなら、
わざわざ時間とお金をかけてクリニックや家庭用脱毛器、脱毛エステは利用しないはずです。

尚これは補足ですが、現在は脱毛に対しては法律の規制がゆるいので石鹸や除毛クリームなどの販売ページで脱毛という言葉を使われていますが、本来それはNGです。
石鹸やクリームやワックスで脱毛は出来ません。

永久脱毛の回数や期間、料金について

家庭用脱毛器 脱毛エステ 医療脱毛
種類 フラッシュ脱毛 フラッシュ脱毛 医療レーザー脱毛
回数 12~18回以上 12~18回以上 5回~8回
期間 1年~1年半 3年 約1年半
全身脱毛料金 7万円 約30万 約50万

家庭用脱毛器や脱毛エステは永久脱毛は出来ませんから、
本来なら永久脱毛と比較するのはおかしいですが、脱毛という枠組みで紹介しております。
また、回数というのは個人差があり部位によっても異なりますので大雑把な目安になります。

上記の表を見てもらえればわかるように医療脱毛の方が少ない回数で早く脱毛を終わらせる事が出来ます。
しかも永久脱毛も出来てしまうのです。

もちろん、その分料金は高くなりますが、それを考慮しても十分に施術する価値はあります。

しかし、絶対的に医療脱毛が良いというわけではなく、
家庭用脱毛器は医療脱毛のように永久脱毛こそ出来なくてもそれなりにムダ毛が綺麗になり、
早く安く脱毛出来ます。

特に価格に関しては家庭用脱毛器は、医療脱毛や脱毛エステに比べ
圧倒的に安く脱毛出来る事がわかります。。
しかも本体が壊れない限り半永久的に脱毛し続けられます。

結局のところ家庭用脱毛器を使い自宅で脱毛するメリットは、
早く安くそれなりに綺麗に脱毛出来るという事です。

永久脱毛できない家庭用脱毛器や脱毛エステを選ぶ理由って?

永久脱毛は医師免許があるクリニックでしかできませんが、
それでも家庭用脱毛器や脱毛エステを利用する方も沢山います。

理由としては、
●料金が安い
●痛みが少ない

ことです。
また、エステサロンを選択する方の中には、
家の近くにまともな脱毛クリニックがないという事もあるでしょう。
脱毛クリニックはエステサロンに比べ地方では数が少ないというデメリットもあります。

しかし、個人的には脱毛エステに行くくらいなら、
良い家庭用脱毛器を購入して自宅で脱毛した方が良いと思っております。

というのも脱毛エステは期間がかかりすぎます。
普通に行えば3年はかかってしまい、もし都合が悪く予約通りに行けなかったからもっとかかります。
普通に考えて脱毛で3年通い続けるのは簡単ではありません。

それよりも家庭用脱毛器を使い自宅で脱毛した方が終わるのは早いですし、
何より料金も格段に安いです。

もちろん、家庭用脱毛器は自分で脱毛する手間もかかりますし、
安い家庭用脱毛器を購入すれば全然綺麗に脱毛できないデメリットもあります。

自宅で脱毛できる家庭用脱毛器でどこまでムダ毛を綺麗にできるの?

家庭用脱毛器で永久脱毛は出来なくても
管理人はケノンを使い脱毛して、産毛はごくまれに生えてくる程度で、
昔のように太いムダ毛が生えたり、剛毛になったりする事は今のところはありません。

例えば、管理人はほぼケノンで全身脱毛をし、
5ヶ月くらいまったくカミソリでムダ毛処理をしていませんが、 ほとんど毛は生えて来ません。

ケノンワキ脱毛前の横から画像

ケノンワキ脱毛前の画像

ケノンワキ脱毛語の画像

詳しくはケノンの体験ページをご覧頂ければわかりますが、
昔から毛の量が多く濃い私でも、きちんとした脱毛器を使えば、
このくらいまでは楽勝で脱毛出来ます。

もちろん、たまに薄い産毛ちょろっとだけ生える事はあっても
気にならない程度のものです。

もし仮に産毛も生えないような永久脱毛をしようと思えば、
クリニックに行って高いお金と時間を使うリスクもあります。

絶対に一本も産毛が生えないくらいの永久脱毛をする場合、医療レーザー脱毛でも確実に保証は出来なく
毛穴一つ一つに針を刺し電気の力で毛根を破壊する
絶縁針脱毛をするしかないと言われております。
(※近年医療レーザー脱毛器の性能が上がり、
最新式の物だと産毛もほぼ永久脱毛できるといわれてきた)

ただ年々医療レーザー脱毛器は改良を重ねて進化しているので、
正確には日本の医療レーザー脱毛を普及させた、
アレキサンドライトレーザーが輸入されたのは1997年で
まだ導入されて新しいですから、
永久脱毛が確実にできるという実証結果が少ないのです。
また、仮に永久脱毛できたとしても、体のあらゆる部位の産毛まで、
永久に生えなくすると断言は出来ません。

しかし、だからと言って絶縁針脱毛で全身永久脱毛しようと思えば
何百万円以上ももかかりますし、2年以上時間もかかります。
しかもいくら麻酔が出来るとはいえ、多少の痛みもあります。

そこまでして、全身ツルツル(髪や眉毛は別として)の永久脱毛をする必要があるのか、
疑問に感じます。
数ヶ月に1回くらい、カミソリなどで軽くムダ毛処理するくらい、
たいした手間ではありません。

話は少しそれましたが、
つまり家庭用脱毛器で産毛も生えてこないよう永久脱毛は出来ませんが、
剛毛な方がムダ毛が気にならないくらい脱毛できる可能性はある
と言う事です。

自宅で男性のヒゲ脱毛やVIO脱毛はどうなの?

脱毛で難しいのがヒゲやVIO脱毛です。
本気でこの脱毛をするならクリニックに行くべき出来でしょう。

しかし中には自宅でこっそり脱毛したい方もいると思いますので、
そうした方は、ヒゲやVIOは良い家庭用脱毛器を購入しなくてはいけないという事です。

何故ならヒゲやVIO脱毛をするためには脱毛力が重要になりますが、
それが出来る家庭用脱毛器は限られます。

痛みの少なさや脱毛力を考えると家庭用脱毛器ではケノンしかないと思います。

脱毛力(出力)を出すためには安い脱毛器で脱毛しきれませんし、
安い脱毛器を購入しても、一時的な効果か全く効果がないかどちらかです。
ヒゲやVIOなど全身自宅で綺麗に脱毛するなら高性能の家庭用脱毛器を使うしかありません。

良い家庭用脱毛器を使えば少なくてもエステサロン並みには脱毛出来ます。

永久脱毛器のおすすめ人気ランキング!

脱毛器のおすすめランキングは、家庭用脱毛器の人気ランキング | 人気脱毛器のリアルな生の声 により詳しく紹介しておりますので、そちらも参考にして下さい。


ケノン

剛毛、細い毛どちらも脱毛できますので、脱毛器を購入するならケノンは間違いないと思います。 管理人は全身ほぼケノンで脱毛しましたし、短期間でかなり綺麗に脱毛できます。 エステで脱毛するより、よっぽど綺麗に早く、そして安くできますので、 脱毛を検討している方におすすめの脱毛器です。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0185円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大24回分割

ケノンの評価

トリア

とにかく脱毛力が高く、特に剛毛の方にはおすすめできます。 レーザー脱毛器ですので、少し痛みがありますが、それ変わりに脱毛効果が高く、 少ないショット数でも全身綺麗に脱毛できます。ケノンに比べ照射範囲が狭いので全身脱毛するには多少手間がかかりますが、 それを補ってあまりある脱毛力があります。

価格 電気 種類
54,800円 充電式 レーザー 若干あり
用途 レベル 照射面積 連射機能
部分向き 5段階 1m なし
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
あり 0.137円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大24回分割

トリアの評価
センスエピ

ケノンやトリアに比べ脱毛器としてランクが下がりますが、そこそこ脱毛力もあり、照射範囲もそこそこ広いので決して悪い脱毛器ではありません。ただ、本体価格は安いですが1ショットコストが高いので、カートリッジの交換を頻繁にしなければいかず、結局高く付く事もあります。全身脱毛を考えるなら、そんなに安くはないと思います。

価格 電気 種類
39,800円 コンセント式 フラッシュ 若干あり
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 5段階 6m なし
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
若干あり 7.5円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大12回分割

センスエピの評価


脱毛器ランキングへ

次のページ剛毛でも綺麗に脱毛できるの

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器