良い家庭用脱毛器を選ぶための5つのポイント

色々な家庭用脱毛器が販売されているので、どれを選べば良いのかわからない。
という方も少なくないはず。
結果、わけのわからない脱毛器のサイトを参考にし購入して失敗する方も少なくありません。

家庭用脱毛器は安い買い物ではありませんので、
正しい知識を身に付け自分に合った効果のある家庭用脱毛器を購入したいものです。

そこで、このページでは家庭用脱毛器の正しい選び方を
5つのポイントにまとめました。
是非参考にして下さい。

今まで使った脱毛器

脱毛力が高い脱毛器を選ぶ

当たり前ではありますが、脱毛力が弱い脱毛器を購入しても、
全然綺麗に脱毛出来ませんし、仮に脱毛できたとしても時間がかかりすぎます。
ですが、脱毛力といっても使ってみないとわかりません。
一応、ジュール数という脱毛力を現す数字がありますが、
その数値は当てになりませんし、ほとんどのメーカーは公表していません。

ではどうやって脱毛力の高い脱毛器を見つければ良いかですが、
実際に脱毛魔女が使った脱毛器を紹介している当サイトを参考にして頂ければと思います。
脱毛力という点ではケノンとトリアが他製品を圧倒しています。

脱毛力のあるおすすめの家庭用脱毛器
照射範囲の広い脱毛器を選ぶ

照射範囲とは1ショットで脱毛できる範囲の事です。
照射範囲の狭い脱毛器だと脱毛に時間がかかるのはもちろんですが、
脱毛後にムラが出来てしまいます。

例えば、脇の脱毛をしたとして、綺麗に脱毛できている部分とそうでない部分が分かれ、
脇全体が綺麗に脱毛しにくいのです。

これが脇とか膝下とか部分的な脱毛ならまだ良いのですが、
全身脱毛するとなると、照射範囲が狭いと上手く綺麗に脱毛出来ません。

誰でも出来るだけ時間をかけずに脱毛したいと思いますので、
そうなれば、照射範囲の広い脱毛器を選ぶのがコツになります

照射範囲が最も広い家庭用脱毛器
1ショットコストの安い脱毛器を選ぶ

脱毛器で重要なのは本体価格ではなく、1ショットコストです。
本体価格が安くても、1ショットコストが高い脱毛器だと、
すぐにカートリッジの交換が必要なり、結果的に高く付きます。

もちろん使い捨て同様に脱毛器を使うなら、
本体価格が安く、1ショットコストが高いものでも良いですが、
家庭用脱毛器を安い買い物ではありませんので、長く使いたいはずです。

特に全身脱毛される方は、多くのショット数が必要ななので、
この1ショットコストの価格が、非常に重要になります。

1ショットコストの最も安い家庭用脱毛器
痛くない脱毛器を選ぶ

どんなに脱毛力が高く、安い脱毛器でも、痛くて脱毛出来なければ意味はありません。
もちろん脱毛ですので、まったく痛くないということはありませんが、
出来るだけ痛くなく、続けられる脱毛器が必要です。

ただ、脱毛力同様、痛みに関しても使ってみなくてはわかりませんので、
脱毛魔女が実際に脱毛器を使って実感した当サイトを参考にして頂ければと思います。

痛みが少ないおすすめの家庭用脱毛器
軽い脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器で極端に重いものはありませんが、
出来るだけ軽い脱毛器の方が使いやすい事は間違いありません。
特に顔の脱毛は軽い脱毛器を使わないと、照射位置が安定せず、
誤ったところを脱毛する恐れもあります。

ですので、脱毛器は出来るだけ軽くコンパクトなものがおすすめです。

痛みが少ないおすすめの家庭用脱毛器
フラッシュかレーザーを選ぶ

家庭用脱毛器の種類で脱毛器の種類についてお話ししましたが、
結局のところフラッシュかレーザーで選ぶ事になります。
当サイトで紹介していないわかけのわからい脱毛器の種類はあっても
まともに脱毛できるのはフラッシュかレーザーです。

もし自分が気なる脱毛でフラッシュやレーザーでなければ、
それだけでその脱毛器を購入するのは止めてください。
後悔するだけです。

また、出来るだけフラッシュ脱毛器を選んだ方が良いと思います。

家庭用脱毛器と脱毛エステの主流はフラッシュ脱毛器になっており、
レーザー脱毛器はクリニックが主流です。

家庭用のレーザー脱毛器で有名なのはトリアですが、
家庭用のレーザー脱毛器は照射範囲が狭く、痛みも強いので
お肌が敏感な女性には一概にお勧めできません。

フラッシュ・レーザーでおすすめの家庭用脱毛器
効果が続く脱毛器を選ぶ

意外と知られていませんが、安い脱毛器は使った後効果を実感できるのですが、
すぐに元に戻ってしまいます。

口コミをみていると、安い脱毛器を使って毛が薄くなったとかすぐに毛が抜けるようになったとか目にしますが、
そこから半年も経てもすぐに元の状態に戻ります。

やはり脱毛ですので一時的な効果ではなく、
一度脱毛を終えれば、毛が薄くなったり、生える量が少なくならなければいけません。

このことは脱毛力があるという事と同じですが、脱毛器を選ぶなら効果が続くものが良いです。

効果が続く脱毛器おすすめの家庭用脱毛器
全身に使える脱毛器を選ぶ

脱毛器の中には限られた部位しか使えない物もあります。
ワキ、腕、脚くらいはほとんどの家庭用脱毛器は使えますが、
顔やVラインなどのデリケートゾーンには使えない脱毛器は少なくありません。

もちろん、フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛は仕組みは同じですから、
使えない事はありませんが、どうせなら全身に使える脱毛器を良いはずです。

ただ、全身に使えても照射範囲の狭い脱毛器だと手間も時間もかかるので、
照射範囲が広い事も前提になります。

全身に使えるおすすめの家庭用脱毛器

次のページ家庭用脱毛器のメリットとデメリット

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器