家庭用脱毛器は妊娠中使っても大丈夫?

妊娠

妊娠中は、ホルモンバランスの変化で
いきなりムダ毛が濃くなったり、今まで生えていなかったところにムダ毛生えたりして
驚かれる方が多いようです。
妊娠中とはいえやはり女性ですので、
いつでも綺麗でいたいと思うのは不思議な事ではありません。

しかし、妊娠中に家庭用脱毛器を使うのは止めたほうが良いと思います。

妊娠中、ムダ毛が濃くなっている場合、ムダ毛が成長するスピードも速く、
どんなに脱毛してもまたすぐにムダ毛が生えてる可能性が高いので、
そこで脱毛してもキリがありません。

また、妊娠中はムダ毛だけではなく、お肌も敏感になっております。
妊娠前なら何ともなかった刺激が妊娠中だと、大きなダメージになり、
身体に大きな変化をもたらす事もあります。
可能性はかなり薄いですが、何か不測の事態が起こらないとも限りません。
脱毛エステや脱毛クリニックでも、妊娠中脱毛してくれないところがほとんどだと思います。

だからといって、家庭用脱毛器のフラッシュは、胎児に何か悪影響があるわけではありません。
しかし、万が一の可能性を考えて、脱毛はとりあえず止めるべきです。

もしムダ毛どうしても気になるなら、
できるだけお肌に優しい電気シェイバーを使うと良いでしょう。
それなら、お肌に何か影響があるわけでもありますし、
特別気を使う必要はありません。

また、妊娠後でも授乳中の脱毛もできるだけ避けたほうが良いと思います。
この時期もホルモンバランスが安定していないので、
脱毛効果はそれほどありません。

つまり、脱毛は出産後、授乳が終わってからはじめるという事です。

確かにムダ毛、特に濃いムダ毛は女性なら誰しもが処理したいところですが、
今はそれよりもお腹の子供が大切です。
今は脱毛を我慢して、落ち着いてからしっかりと脱毛して下さい。
どっちみち脱毛はすぐに結果がでるものはありませんから、
あせる必要はまったくありません。

次のページ生理中の脱毛は大丈夫?

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器