家庭用脱毛器の肌トラブルや安全性

「家庭用脱毛器は絶対に安全で肌トラブルがない」
本来のそのように言いたいのですが、まったく肌トラブルがないとは言えません。
それは家庭用脱毛器に限らず、脱毛エステ、脱毛クリニックでも起こりうる事ですし、
程度も人によって異なります。

まず、最も多いケースは火傷です。
特に多いのは、日焼けした状態で脱毛してしたり、
ホクロ・シミ・タトゥーなど色の黒い部分に照射したりすると
火傷をしてしまう可能性があります。
色黒・タトゥー・ホクロは脱毛できるの

脱毛というのは、お肌に熱を加えることですので、
熱の持っているお肌に照射するとさらにお肌の温度が上がり火傷するのは当然ですし、
黒い色素に反応して脱毛するので、黒い部分に照射するとエネルギーがそこに集まり、
火傷をしてしまいます。

しかし、そうした肌トラブルは、何も前触れもなく突発的に起きるのではなく、
注意して脱毛すれば防げる事です。

もっと言うと、そのような事は脱毛に限らず、日常レベルでも起こりえます。
例えば、真夏の日焼けです。
真夏に何も対策をせずに、長時間はお肌をさらせば、お肌が日焼けして、
ヒリヒリ痛くなりまし、真っ赤になります。
そうならないためにUVを塗ったり、長時間お肌を露出させないようにします。

脱毛もそれと一緒で、火傷をしないために、
色の黒い、ホクロやタトゥーなどには照射しない、もしくはバンドエイトを張るなど出来ますし、
脱毛する前、もしくはした後は日焼けしないようにUVを塗るという事も出来ます。

つまり、正しく家庭用脱毛器を使えば、それほど肌トラブルが起きる事はありませんし、
仮に起きたとしても深刻な肌トラブルになることはありえません。

中には脱毛して皮膚がんになるのでは心配している方もいるようですが、
皮膚がんになる可能性は紫外線の光で、
脱毛に使うフラッシュつやレーザーはまったく別の光ですので、
皮膚がんになる事はありえません。

脱毛の光で皮膚がんになるなら、1年中紫外線を浴びている世界中の方ががんになっています。

とにかく、家庭用脱毛器での肌トラブルは最低限注意して脱毛すれば起こりませんし、
仮に行ったとしてもたかだか知れています。

脱毛魔女も一度家庭用脱毛器を使い、お肌が赤くヒリヒリしたことがありましたが、
化粧水を付けたらすぐに治りました。
その理由も前日海にって日焼けした状態で脱毛したからで、
普通に脱毛している分にはまったく問題ありません。
ですので、安心して脱毛して下さい。

次のページ子供でも使えるの?

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器