家庭用脱毛器ランキングTOP脱毛器のお悩み関係>アトピーや敏感肌でも家庭用脱毛器を使って大丈夫?

アトピーや敏感肌でも家庭用脱毛器を使って大丈夫

アトピー肌でお肌が敏感だから脱毛できないと思っている人も多いようです。
確かにアトピーの人は脱毛できないと思うのも仕方ありません。

しかし、アトピー肌の人でも家庭用脱毛器は使えますし、
脱毛サロンやクリニックでも普通に脱毛出来ます。

もちろん、全てのアトピー肌の人が脱毛できるわけではありませんが、
しっかりとした知識と正しく脱毛器を使えば問題なくムダ毛を処理していけます。

また、脱毛はお肌を綺麗にする性質もあるのでアトピー肌の人こそ脱毛器を使ってほしいと思います。
まずは脱毛とアトピーの知識をしっかりと身に付けて下さい。

アトピー肌が脱毛しにくいと思われている原因

確かにアトピー肌の人は通常のお肌の人よりも脱毛しにくいということはあります。
実際に薬を処方されていたり、通院していたりするような人は脱毛出来ません。

ただ、アトピー肌でもお肌が落ち着いた状態なら問題なく脱毛出来ます。
まずは何故アトピーなら脱毛しにくにのか理解することから始めて下さい。

外部からの刺激に弱い

アトピーはお肌にバランスよく水分を保持する事が出来ず、バリアー機能が弱っている状態です。
そのため、紫外線、ほこり、ダニ、コスメ、花粉など外部からの刺激に弱く、
かゆみ、炎症、色素沈着などの肌トラブルを起きやすくなってしまいます。

それは脱毛器のフラッシュやレーザーの光も例外ではなく、
健康な人に比べお肌が敏感で、痛みを強く感じ刺激を受けやすいのです。

フラッシュやレーザーの刺激が強い

脱毛は毛の黒いメラニン色素に光が反応し、
毛を生やす毛細細胞に熱を与えて破壊します。

つまり、アトピーの特徴はお肌の水分保持が難しいのですが
熱を与える事でより水分を失ってしまうのでバリア機能が低下し、
肌トラブルを悪化させてしまうと思われているということです。

また、アトピーは色素沈着になっている方が多く、色素沈着になっている部分には脱毛出来ません。

先ほどお話したように脱毛は黒い色素に反応して毛細細胞を破壊するのですが、
色素沈着やホクロ、シミなどに照射してしまうと毛細細胞ではなくお肌表面に熱を与え火傷の原因になります。

アトピー肌の方が脱毛するメリット

アトピーの方が脱毛するのは少し危険と思ったかも知れませんが、
家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛のように出力が高くなく
お肌に対してそれほど強い影響はありません。

むしろフラッシュ脱毛器はお肌に良い影響を与える事があります。

お肌の再生を早める

フラッシュ脱毛で使われているIPL(インテンスパルスライト)という光は、
本来美肌治療として使われていた光で、
クリニックではニキビ跡やシワ・シミなどの治療として使われているものです。

IPLはコラーゲン生成や肌のターンオーバーを促進させる効果があり、お肌を元気にしてくれます。
実際にアトピーによって固くなったお肌が脱毛したことで柔らかく綺麗になったという方もいます。

もちろん、脱毛で使われる光の波長と、美肌の光の波長は違いますが、
同じ性質の光なので美肌効果があるのです。

その証拠に高性能の脱毛器はその性質を活かし
フォトフェイシャルとしての機能も付いています。

ムダ毛の自己処理が減りお肌の負担を軽減させる

脱毛がお肌への刺激が強いとっても一時的なことで、
普段使うカミソリや毛抜きなどの自己処理もお肌への大きな負担になります。

アトピーの人がムダ毛を自己処理すると、
お肌が赤くなったり、かゆくなったり、ブツブツが出来たりします。

家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛器は永久脱毛はできませんが、
ほぼ自己処理がいらなくはなりますから、自己処理でのお肌のダメージがなくります。

アトピーの人でもムダ毛の処理は必要で、
脱毛することがお肌への負担を減らす事にもなるのです。

アトピー肌の人が脱毛する上での注意点・注意事項

アトピーでも普通に家庭用脱毛器は使えますが、
それでも健康なお肌の人に比べ注意点があります。
肌トラブルがなく安全に脱毛し美肌になるために注意点をしっかりと守り正しく使用して下さい。

アトピーの症状が酷い人は脱毛出来ない

アトピーの人でも脱毛できるとお話しましたが症状が酷い人は脱毛出来ません。
具体的に以下のような状態の人は脱毛をとりあえず止めた方が良いでしょう。

  • お肌が腫れて赤みががっている
  • 皮がむけ落ちている
  • 色素沈着の範囲が広い
  • お肌がじゅくじゅくした状態

こうした状態の人はまずは皮膚科でしっかりと治療してから脱毛をはじめて下さい。
お肌がカサカサするくらいの症状に落ち着いていたら脱毛しても大丈夫だと思います。

ステロイド剤を使用している人は脱毛出来ない

アトピーでステロイド剤を使用している人は脱毛しないで下さい。

ステロイド剤はお肌の角質層を薄くし免疫力を弱めてしまうので、
脱毛の刺激でお肌が荒れたり、炎症を起こしたりする可能性が高くなります。

また、ステロイド剤は脱毛の熱を吸収しやすく火傷や色素沈着を起こすケースがあります。

ですから、脱毛する前後1週間はステロイド剤を使うのを止めるか、
常時使わなければいけない方は脱毛するのはやめましょう。

それでも脱毛したい場合は医師に相談すると良いかもしれません。
脱毛に詳しい医師だとある程度のリスクを承知さえすれば脱毛してもよいという方もいます。

脱毛前後の保湿を丁寧にする

お肌が健康な人でも脱毛する前と後には保湿は必要ですが、
アトピーの人はより丁寧に保湿をして下さい。

アトピーはお肌の水分保持が上手くできずお肌が乾燥している状態です。
脱毛するとお肌に熱を持たせてしまうため
余計にお肌が乾燥し肌トラブルを引き起こしやすくなります。

ですから、脱毛直後に保湿することはもちろん、
脱毛する前も出来るだけお肌を乾燥させないようにしっかりと保湿させてから照射して下さい。
また、保冷剤や冷たいタオルでお肌を冷やすことも大切です。

色素沈着には照射しない

このページでも少し触れましたが、色素沈着に照射することは出来ません。
色素沈着以外でもシミ、ホクロ、タトゥーなど黒いものに照射すると毛細細胞ではなく
お肌表面を脱毛してしまい火傷の原因になります。

アトピーの方は色素沈着が多いと思いますが、
脱毛する場合色素沈着をテープやバンドエイドなどで保護してから照射して下さい。

次のページ脱毛後に気になる肌トラブルを解決

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピX
手軽で使いやすい脱毛器