家庭用脱毛器は剛毛でも脱毛できるのか?

毛深い剛毛の女子

現代は女性の男性化が進み、女性でも剛毛の方が多いと聞きます。
さすがに女性のムダ毛が剛毛なら、どんな男性でもひくと思います。

そんな方が家庭用脱毛器を購入して
剛毛なムダ毛を処理したいと思うのは当然の事です。

安心してほしいのですが、家庭用脱毛器は剛毛でも十分綺麗に脱毛出来ます。
管理人も昔は剛毛でしたが、家庭用脱毛器で綺麗になりました。
(詳しくはケノンの体験談でご覧下さい。)

そもそも家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光は、
黒い色素に反応して毛乳頭にダメージを与えるので、
剛毛の方が効果を実感しやすいのです。

それは脱毛エステでも脱毛クリニックでも同じです。

しかし、剛毛な方ほど注意してほしいのが脱毛器選びです。
家電量販店で販売されているような出力の弱い脱毛器は別として、
普通の家庭用脱毛器でも剛毛はある程度脱毛できますが、
あまり良くない脱毛器だと中途半端な脱毛になります。

というのも、脱毛器は剛毛なほど効果を発揮し
脱毛してくると徐々に毛が薄くなります。

ただ、脱毛力のない脱毛器だと、
薄くなったムダ毛は脱毛できなくなるので、
中途半端にムダ毛が残る傾向にあります。
(脱毛器は毛が薄くなればなるほど効果がなくなってくる)

安価な安い脱毛器はもちろんそれなりの脱毛器でも薄い毛にはほぼ効果がなく、 その結果、もっと脱毛力のある脱毛器がほしくなったり、脱毛クリニック行こうとしたりして、
余計な費用が必要になりお金の無駄遣いになります。
やはりある程度脱毛できれば、もっと綺麗に脱毛したいという欲がでてきます。

良い脱毛器になればなるほど、ムダ毛が薄くなってきても脱毛出来ます。
産毛の脱毛とまでは行きませんが、
普段の生活でムダ毛が気にならなくなるくらいまでにはなるでしょう。

そのためにはケノンのような脱毛力のある脱毛器が必要になりますので、
脱毛器を購入する際は慎重に脱毛器選びをして、
出来るだけ効果の高い家庭用脱毛器を購入して下さい。

剛毛に効果がない脱毛器はどういうもの?

普通の家庭用脱毛器でも剛毛には効果を発揮しますが、
剛毛にすら効果を感じににくい脱毛器もあります。

例えばソイエ光エステノーノーヘアと言った脱毛器です。
それらの安価な脱毛器は剛毛はもちろん普通の毛でもまともに脱毛することは難しいと思います。

仮に一時的に脱毛できても、使うのを止めてしまえばすぐに元の状態に戻ってしまいます。
<関連>脱毛後元に戻る可能性はあるの?

また、ソイエや光エステ、ノーノーヘア以外のそれなりに高くて効果がある脱毛器でも
剛毛は何とか脱毛できますが、上記でお話したように毛が薄くなればほとんど効果を感じなくなります。

そして効果を感じなくなることで使う事を止めてしまい、
結果的に元の状態に近いくらいムダ毛が生えるようになるはずです。

ですから剛毛なほど脱毛器を選びが重要になるのです。

剛毛だと時間も脱毛回数も必要

家庭用脱毛器なら剛毛でも綺麗に脱毛できますが、
その分脱毛を終えるのに時間も回数も必要です。
もちろん、それはエステもクリニックも同じです。

具体的にどのくらいの期間と回数が必要なのかは、
男女差や個人差もありますし、何処まで脱毛するかによっても異なります。
また、使う家庭用脱毛器のパワーによっても当然変わりますので一概には言えません。

もし目安を言うなら、ケノンのようにパワーがあって照射範囲が広い脱毛器でも
かなり剛毛な方な男性なら最低でも1年以上、回数は15回は必要だと思います。

しかし、女性だと男性のような剛毛の方は少ないので、
そこまで脱毛する必要がないケースがほとんどです。

もちろん、どこまで脱毛するかによっても違いますが、 ムダ毛が目立たたなくなるくらいなら、月2回(約10回)半年くらいでも十分ではないでしょうか。

ただ、剛毛にせよ薄毛にせよ脱毛周期でお話したように
脱毛というのは時間がかかることなので気長く続ける事が必要です。

以下に主要部位の剛毛や産毛、一般毛などの回数を比較いたします。
ただ、これは目安で個人差があるので人によって回数が大幅に違う可能性もあることを了承して下さい。

また、剛毛と同じく産毛の回数も実はおおくなっており、
そこに関しては、家庭用脱毛器で産毛の脱毛はできるの?をご覧ください。

一般的な毛 剛毛 産毛
12回 16回 16回
10回 15回 15回
12回 15回 15回
12回 15回 15回
Vライン 15回 20回 20回
背中 10回 12回 12回

剛毛におすすめの脱毛器の選び方は?

家庭用脱毛器は、剛毛で毛が濃かったり、毛の量が多かったりする方の方が
効果的だとこのサイトでお話しました。
それではどういった脱毛器が剛毛に効果があるのか気になると思います。
ポイントは、家庭用脱毛器の選び方とほぼ同じで、
●脱毛力が高い
●1ショットコストが安い
●広範囲脱毛できる

といういわゆる良い脱毛器の条件に当てはまっているものです。

脱毛力が高いというのは当たり前の事でわざわざ説明することはありません。
1ショットコストが安いというのは、剛毛の場合、脱毛するのに照射回数が必要だからです。
1ショットコストが高い脱毛器だと、頻繁にカートリッジの交換が必要になり、 脱毛が終わる頃にはカートリッジ代が高くなってしまいます。

また、広範囲脱毛できるというのは照射面積が広いということで、
照射範囲が狭いといつまでたっても脱毛が終わらず、
脱毛する事が面倒になります。

脱毛で重要なのは効率よく出来るだけ短期間で終えられることです。
特に家庭用脱毛器を使う場合、はじめて脱毛するケースが多いので、
どのくらいのペースで、どのくらいの期間脱毛するのかよくわからず、
時間かがかかるたびに不安になります。

しかし、効率よく脱毛できれば、
このまま脱毛していけばスベスベで綺麗なお肌になれると実感が沸き、
安心して脱毛を続けていく事ができます。
特に剛毛の方はムダ毛が濃いことへの悩みが深いですので、
早く効果を実感しなければ不安になります。

脱毛は、毛の周期に合わせて脱毛しなければいけませんので、
どんな脱毛をするにせよ、絶対に時間が必要です。
だからこそ、早い段階で効果が実感する事が大切で、
そのためには、効率よく脱毛できる脱毛器選びがポイントになります。

剛毛におすすめの脱毛器


ケノン

家庭用脱毛器で最もおすすめの脱毛器はケノンですが、 イコール剛毛に最もおすすめだという事になります。剛毛の脱毛に必要な、1ショットコストの安さ、広範囲脱毛器できる照射範囲、脱毛力の高さ、 どれも業界最大級です。剛毛なの方は部分的ではなく、全身毛が濃い事が多いので、ケノンのような効率的に全身脱毛できる脱毛器が必要になります。

価格 電気 種類
69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0185円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
3年間 最大24回分割

剛毛が酷い男性なら医療脱毛を検討した方が良い

パワーのある家庭用脱毛器なら剛毛でも十分に綺麗になりますが、
男性の中には驚くほど毛の量が多い男性もいらっしゃいます。

もし剛毛がコンプレックスになるほどの悩みがあるなら、
クリニックに行って医療レーザー脱毛を受けた方が良いと思います。

男性のように毛が濃い方だと痛みありますし、家庭用脱毛器に比べ料金も高いですが、
その分確実に永久脱毛出来て、1回の脱毛でもムダ毛の量や濃さの変化を感じられるケースもあります。

しかし剛毛といっても人それぞれ認識が違い何処までが剛毛というのか難しとこですが、
普通の女性はもちろん、男性でも家庭用脱毛器で十分です。

ここでいう医療脱毛を受けなくてはいけないくらいの剛毛な方は
個人的にそこまで会った事はありません。

次のページジュール数って何?

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器