人気家庭用脱毛器の機能やスペックを比較しました。

このページで現在人気の家庭用脱毛器の機能やスペックを一覧にまとめて比較しております。
ただ、比較だけでは一概にランキングを付けられませんので、
管理人が様々な脱毛器を使ってみて感じた事や
当サイトの売れ行きのランキングを踏まえております。

因みに脱毛器の選び方の基準は家庭用脱毛器の選び方のページで詳しくお話していますので
おさらいの意味も含めて簡単にお話します。 ポイントは以下の5点です。

  • 脱毛力が高い
  • 照射面積が広い
  • 1ショットコストが安い
  • 痛くない
  • 全身に使える
脱毛力が高い

家庭用脱毛器を選ぶ上で最も重要視しなくてはいけないのは脱毛力です。
脱毛力がない家庭用脱毛器だと、全然ムダ毛の量が減らなかったり、
脱毛を止めてしまえばすぐに元に戻ったりしてしまいます。
中には脱毛器言いながら、一時的にムダ毛を処理する除毛器のようなものもあります。

せっかく脱毛するのですから脱毛サロンと同等の脱毛力があるものを選びたいとこです。

照射面積が広い

照射面積が広いと短期間で効率よく脱毛を終わらせる事が出来ます。
対して、照射面積が狭いと、ショット数が多くなりコストが高くなり時間も期間もかかります。

また、照射していない個所とそうでない個所ができやすく脱毛にムラが出来ます。
そして、毛が生えたり生えていなかったりする箇所が出来てしまい綺麗に脱毛できません。

1ショットコストが安い

家庭用脱毛器選びで大切なのは本体価格ではなく、1ショットコストが安い事です。
本体価格が高くても1ショットコストが高いと頻繁にカートリッジやパッテリーを交換しなくてはいけないので、 最終的には高くなります。

また、本体価格が安く1ショットコストが高い脱毛器は、脱毛力が弱く性能も悪くて使い物になりません。
家庭用脱毛器は長く使い続ける物なので、本体価格が高くても脱毛力が高く、1ショットコストが安い物を選んで下さい。

痛くない

どんなに脱毛効果が高くても痛くて続けられなければ意味はありません。
フラッシュ脱毛器を選んでおければ痛みが強くて使えないということはないと思います。

対して、トリアのようなレーザー脱毛器を使うと痛くて使えない方もいますので、
痛みに対して敏感だと思う方はレーザー脱毛器を避けた方が良いでしょう。

全身に使える

個人的には家庭用脱毛器はどの部位でも使えると思うのですが、
メーカーによっては推奨していない部位があります。

特に多いのは、顔とI・Oラインです。

全身くまなく脱毛したいと考えるなら全身脱毛してOKな家庭用脱毛器を選ぶ方が無難です。
因みに全身どこでも脱毛して良いとなっているのはケノンだけです。
他の家庭用脱毛器は全身使えると言っても、顔とI・Oラインはおおすすめしておりません。

管理人
おすすめ
ランキング
第1位
ケノン
第2位
トリア
第3位
センスエピX
脱毛器 ケノン トリア センスエピ
種類 フラッシュ レーザー フラッシュ
価  格 69,800円 54,800円 29,800円
照射範囲 9.25m 1m 2.7m
脱毛力(個人的な感想) 10 10 5
カートリッジ価格 7,700円 本体価格の半額(バッテリー交換) 本体交換
ショット数 最大1,000,000発 最大200,000発 最大300,000発
重さ 120g 584g 220g
1ショット
コスト
0.0185円 0.137円 0.1円
脱毛部位 全身 全身(顔・デリケートゾーン以外) 全身(I・Oライン以外)
痛み あまり痛くない 痛い あまり痛くない
連射機能 6連射 なし なし
美顔器
機能
あり なし あり
ジェル 必要なし 必要なし 必要なし
おすすめ度 満点 4点 3点
体験レビュ- ケノンの
詳細に進む
トリアの
詳細に進む
センスエピの
詳細に進む
人気脱毛器 エピナード ラヴィ ノーノーヘア
脱毛器 エピナード ラヴィ ノーノーヘア
種類 フラッシュ フラッシュ サーミコン
価  格 65,000 48,800円 34,800円
照射範囲 7m 7.4m 2m
脱毛力(個人的な感想) 6 6 2
カートリッジ価格 4,200円 4,500円 7,800円(チップ・バッファー)
ショット数 1,500発 最大100,000発 -
重さ 190g 2.1kg(本体) 100g
1ショット
コスト
2.3円~4円 0.045円 -
脱毛部位 全身(顔以外) 全身(顔とI・Oライン以外) 全身(顔一部・デリケートゾーン以外)
痛み あまり痛くない 普通 やや痛い
連射機能 4連射 5連射 なし
美顔器
機能
あり あり なし
ジェル あり 必要なし 必要なし
おすすめ度 3点 3点 2点
体験レビュ- エピナードの
詳細に進む
ラヴィの
詳細に進む
ノーノーヘアの
詳細に進む

ケノン

ケノン

比較表をみてもわかるよにどのスペックを取っても、
ケノンは他社の脱毛器を上回っています。

脱毛魔女もほぼケノンで全身脱毛しましたが、
以前の剛毛状態から比べかなりお肌がツルツルになりました。

また、以前脱毛魔女は脱毛エステのミュゼに通っていましたが、
それと比べてもケノンの方がより綺麗で短期間で脱毛できると感じました。
数多くの家庭用脱毛器や脱毛エステどちらを見ても、
ケノンが最も優れているのではないでしょうか。
これからはわかりませんが、現状ケノンを超える脱毛器はありません。

トリア

トリア

脱毛魔女はトリアは物凄く優れた脱毛器だと思っております。
「脱毛器自体が重い、照射範囲が狭い、痛い」などのデメリットはありますが、
その分メリットも高い脱毛器です。

そのメリットというのは何と言っても、脱毛力です。
特に剛毛なら方なら、脱毛エステや他の脱毛器より早く、脱毛効果を感じられると思います。
中にはトリアが一番良いといっている方いるくらいですので、
かなり高い脱毛力がありますし、脱毛魔女のその効果は実感しております。

どちらかというと、女性より毛が太くて濃い男性の方が効果を感じやすいと思います。

脱毛効果でケノンとトリアの違いは、ケノンVSトリアでお話したように 剛毛なら大差はありませんが、産毛ならケノンの方が綺麗に脱毛できると思います。

センスエピ

センスエピ

やはりセンスエピの脱毛力は買いたいと思います。
脱毛器といいつつ全然脱毛できない脱毛器も多い中でセンスエピはしっかりと脱毛出来ますし、
肌トラブルを避けるための他の脱毛器にはない肌色センサーも付いています。

(その人のお肌に合わせて自動的に照射しても良いのか駄目なのか判断するセンサー)

1ショットコストの高さや痛みの問題も多少ありますが、
本体価格が安くデザインもお洒落ですので、購入する価値は十分にあると思います。

色々な脱毛器が販売されていますが、センスエピは間違いなく、
上位に位置する機能や人気を誇っています。

次のページケノンVSトリア

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器