家庭用脱毛器ランキングTOPおすすめ家庭用脱毛器>ケノンの美顔器って本当に効果があるの?

ケノン美顔器について紹介


ケノン

ケノンは脱毛器として有名ですがフォトフェイシャルとして使う事が出来、中には美顔器として使いたいのでケノンを購入する人もいるようです。通常の超音波やイオン導入のような美顔器はあくまでもスキンケアの一環として使いますが、ケノンのフォトフェイシャルは肌トラブルを改善する効果があります。実際にケノンの美顔器は美容外科でシミなどの治療として使っているフォトフェイシャルと同じ仕組みです。それではケノンの美顔器を紹介していきます。

価格 電気 種類
69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0185円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
3年間 最大24回分割

ケノン美顔器の仕組みって?

ケノンは、IPL(インテンスパルスライト)という
幅色い波長をもつ光(フラッシュ)を採用しております。
このIPLは脱毛効果がある波長だけではなく、
シミ、しわなどの肌トラブルに効果のある波長も含まれています。
冒頭でお話したように美容外科の肌トラブルの治療に使われている光と同じです。
(家庭用なので出力は弱められている)

ケノンはその特性を活かし脱毛だけではなく
フォトフェイシャルとしても使う事が出来ます。
ケノンの脱毛に関してはケノンをご覧ください。

フォトフェイシャルって?

特殊な光をお肌に当てる事で、メラニン色素にダメージを与え且つコラーゲンの再生を活性化させ、 様々な肌トラブルに対応することが可能です。 レーザー治療よりも効果が劣りますがその分お肌のダメージが少なく安全に肌トラブルを改善していくこと可能です。 ただ、本来フォトフェイシャルは医療機関でしか認められおらず、正確にはフォトフェイシャルではないのですが、 クリニックに比べ安全に使えるように出力が弱められ仕組み自体は同じです。

ケノンはIPLをさらに進化させたUSPLを採用

ケノンはIPLという光を使っていますが、
さらにそこから進化させケノン独自に開発したUSPLという技術を採用しております。

このUSPLはフラッシュの発光時間を大幅に短くすることで、
お肌への負担を減らし且つ効果を高めてくれる技術です。

通常のフラッシュは出力が上げれば効果は高くなりますがその分お肌への負担も大きくなります。

特に美顔器として使う場合、顔に肌トラブルがあれば大変です。
しかし、USPLを使う事で安全に肌トラブルを解決する事が可能になったのです。

ケノンの美顔器の効果って?

ケノンの美顔器は様々な肌トラブルに効果があります。

  • シミ
  • しわ・たるみ・ほうれい線
  • ニキビ跡
  • くすみ
  • 毛穴
  • 乾燥肌
  • 赤ら顔

このような肌トラブルは年齢肌とも言え、ほとんどの人の悩みでもあると思います。
通常の美顔器はあくまでも予防で改善ではありませんので、
こうした肌トラブルを解決することは出来ません。
特にシミやニキビ跡はケノンのようなフォトフェイシャルでないと効果を感じるのは難しいはずです。

もちろんクリニックのような効果はありませんが、
それでも十分に肌トラブルをサポートしてくれる効果はあります。

しかも顔だけではなく首のシワや身体のシミなど全身どの部位でも使う事が可能です。

ほくろやニキビには使用しない方が良い

ケノンの光はメラニン色素に反応するのでほくろやそばかすは痛みが強くなりますから
できるだけ照射するのは避けた方が良いと思います。

照射してほくろやそばかすが酷くなることはありませんが、
効果もないので照射するだけ意味はありません。

また、ニキビはニキビ跡や初期段階の白いニキビには良いですが、
赤く炎症していたり、白い膿が出ていたりするようなニキビの照射も止めて下さい。
さらに悪化させる原因にもなります。

ケノンの美顔器の使い方

ケノンの美顔器の使い方は簡単です。基本脱毛器と同じでジェルを使う必要もありません。

洗顔する

洗顔する

ケノン美顔器を使用する前は必ず洗顔して
ファンデや日焼け止めなどをしっかりと落として下さい。
皮膚に化粧が残っていると光がお肌に伝わりにくくなります。

スキンケア用のカートリッジを付けて照射する

スキンケア用のカートリッジ

スキンケア用のカートリッジは本体を購入すると付属してあるので、
脱毛用のカートリッジを取り外し、スキンケア用に交換すれば美顔器として使えます。

後は低レベルからパッチテストしてみて
痛みを感じなければレベルを上げて照射して構いません。
当然ですがレベルが上げた方が効果は高いです。
(管理人はレベル5~7で使用していた)

注意点としては、付属してあるサングラスを付けて照射する事と保冷剤などで
照射個所を冷やしてから使ってください。

特にサングラスは重要で、誤ってサングラスを付けずに目に照射してしまったら大変です。

入念に保湿する

保湿する

照射した後はお肌に熱を持っている状態ですから、
化粧水をたっぷり付けてお肌を整えて下さい。

保湿をしっかりとしなければお肌が荒れ乾燥しやすくなります。

使用頻度は?

ケノン美顔器は2週間に1~2回程度お使い下さい。
毎日使ってしまうとお肌に負担がかかり過ぎて
火傷の原因になり逆効果になる可能性もあります。

また、同じ日に脱毛個所には照射してはいけません。
こちらもお肌への負担が大きくなりますので1~2日間隔をおいて使用して下さい。

ケノン美顔器のメリット・デメリット

ケノンを美顔器目的で購入する人も沢山いますが、
メインはどちらかというと脱毛です。

それでも美顔器としてのケノンを使う際のメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

  • 他の美顔器と違い肌トラブルに直接効果がある
  • サロン並みかそれ以上の脱毛もできる
  • ケノン一台で多くの肌トラブルに対応できる
  • 全身に使える
  • エステサロンに比べ安い

ケノンは超音波やイオン導入など美顔器に比べ効果が高い事が上げられます。
あれらの美顔器はスキンケアの延長線上で根本的な肌トラブルの改善にはなりません。

もちろん他の美顔器のスキンケアのような予防も大切ですが、
現状肌トラブルを何とかしたい人も多いはずです。
そうした人はケノンを積極的に使うと良いでしょう。

デメリット

  • 他の美顔器に比べ価格が高くお肌への負担が大きい
  • 使用後のお肌へのスキンケアをしなければいけない
  • 日焼けをしてはいけない

ケノンはお肌に優しく作られていますが、
それでもフォトエイシャルなので、イオン導入や超音波に比べお肌への負担が大きくなります。
ただ、その分肌トラブルの改善に繋がります。

また、ケノン使用中は日焼けをしていけません。
日焼けした肌に照射すると火傷の原因になる可能性もあります。

効果が高い分面倒な事も多い事を忘れていけません。
逆にこのデメリットに対して問題なければケノン美顔器はかなりお勧めです。

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピX
手軽で使いやすい脱毛器