家庭用脱毛器ランキングTOP家庭用脱毛器のQ&A>高校生におすすめの家庭用脱毛器は?

高校生はどのような家庭用脱毛器を使えば良いの?

高校生はどのような家庭用脱毛器を使えば良いの?

子供と違い高校生になると、ホルモンバランスや毛の周期も安定してきますので、
大人と同じような脱毛効果を得られます。

【関連】家庭用脱毛器は子供使っても大丈夫なの?

大人から見れば驚くと思いますが、今は高校生でも普通に脱毛する時代で、
脱毛エステはもとより、家庭用脱毛器を購入する方はたくさんいます。

特に女性は周りの目が気になる時期で、ムダ毛が濃かったり、多かったりしたら、
イジメにつながらないとも限りません。
また、お洒落に目覚める時期でもありますので、
ムダ毛が目立つと着たい洋服も着れなくなります。

そして何より、頻繁にカミソリを当てると、お肌がただれたり、肌トラブルになったりして、
お肌への負担もかかります。
脱毛は、確かに面倒で怖さもあると思いますが、長い目でみれば、
お肌に優しく、すべすべの綺麗なお肌になれますので、
是非真剣に脱毛を検討してみて下さい。

高校生が選ぶべき脱毛器の3つのポイント

下記でどの脱毛器が良いのか具体的に紹介しますが、
まずは高校生にはどういった脱毛器を選ぶべきなのか3つのポイントを参考にして下さい。

お肌に優しく且つ脱毛力がある

脱毛力が必要なのは当然ですが、お肌に優しいということも重要です。
脱毛力が高くても痛すぎてはお肌への負担が大きくなりますし、
肌トラブルを引き起こす可能性もあります。
また、お肌を気にしすぎて脱毛力が弱いものを使っても意味がありません。

具体的には連射機能が付いているフラッシュ脱毛器を購入すると良いでしょう。
連射機能というのは、1回の照射で一気にパワーを与えるのではなく、
数回に分けて、そのパワーをお肌に与える機能のことです。
そうすることで、お肌への負担が少なくなり、高い脱毛力を維持する事ができます。
また、レーザーだと脱毛力は高いのですが、お肌への負担も大きいですので、
フラッシュ脱毛器で、お肌への負担を減らして脱毛するのが良いでしょう。

1ショットコストが安い

高校生の内から脱毛したいと思っている方は、
普通の方よりも毛が濃く、量が多い傾向にあります。
そのため、脱毛するのに時間がかかりますので、
長い目で見たコストを考えなければいけません。

脱毛器本体が安いものはありますが、
その分1ショットコストが高く、頻繁にカートリッジを交換しなければいけなくなります。

購入当初は安くて良いのですが、後のことを考えれば高く付きます。
また、電気屋さんで販売しているような本体価格が安い脱毛器は、
脱毛力が弱く、機能がしょぼいですので、 あまりおすすめできません。

家族で使える脱毛器を購入する

脱毛器は決して高校生が購入しやすい価格ではありませんので、
出来れば家族で使えるような脱毛器を購入すれば良いと思います。
家族で使えるものなら、脱毛コストが安く済みますし、
両親も相談にのってくれると思います。

特別家族用の脱毛器があるわけではありませんが、
先ほど紹介したように1ショットコストが安い脱毛器なら、
長期間使えるので、家族でシェアして使いやすいと思います。

高校生が脱毛する上でのデメリットは?

高校生が脱毛するのに特別デメリットはありませんが、
アフターケアはしっかりとして下さい。

高校生は外でお肌を露出するケースが多く、
その場合日焼けをしないようにUVをしっかりと使わなければいけません。
<関連>毛後に気になる肌トラブルを解決

しかし高校生のように若い方は新陳代謝も良くそこまでお肌のケアをするわけではありませんし、
活発的なので多少の日焼けなら良いとアフターケアを疎かにしがちです。

家庭用脱毛器の脱毛ならそこまで神経質になる必要はありませんが、
丁寧にアフターケアをしていかないと、脱毛効果も弱くなりますし、
肌トラブルになる可能性も否定できません。

ですから、自分だけではなくご両親にもしっかりと
アフターケアの管理をしっかりとしてもらいながら脱毛してけば
高校生でも脱毛することにデメリットは特にありません。

高校生におすすめの家庭用脱毛器

今は沢山の家庭用脱毛器が販売されていますが、
自宅でサロンと同等の脱毛が出来て且つお肌に優しく全身脱毛するという事を考えれば
ケノンしか選択肢はありません。

一時的な減毛でも良いなら沢山ありますが、根本的なムダ毛の処理をしたいのなら、
高い脱毛効果があるケノンがベストでしょう。


ケノン

お肌に優しい上、脱毛力が高い脱毛器です。どの機能を取っても家庭用脱毛器で間違いなく、 NO1です。連射機能は業界最大の6連射ですし、1ショットコストも安い。 ムダ毛の量によっても違いますが、カートリジッジを交換しなくても、 家族の全身脱毛ができると思います。また、美顔器機能も付いていますので、 美容を気にする高校生も良いと思います。

価格 電気 種類
69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0185円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
3年間 最大24回分割

次のページ全身脱毛するまでにかかる費用

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器