家庭用脱毛器ランキングTOP家庭用脱毛器のQ&A>家庭用脱毛器で乳首・乳輪周辺の脱毛をする際の注意点

家庭用脱毛器で乳首・乳輪周辺の脱毛をする際の注意点

家庭用脱毛器で乳首・乳輪周辺の脱毛をする注意点

家庭用脱毛器でも乳首・乳輪周りの脱毛をすることは可能です。
(あくまでも周辺で直接は脱毛できない)
脱毛効果の高い脱毛器を使えばサロン同様に綺麗に出来ます。
その上、サロンに比べ脱毛期間が短くなります。

ただ、乳首・乳輪周辺の脱毛は特に気を付けなければいけないパーツの一つです。

当サイトで何度も言っているのでご存知の方も多いと思いますが、
脱毛器は、黒い色素に反応して脱毛するので、
乳首・乳輪に直接照射してしまうと、痛みが強く下手をすると火傷してしまいます。

方法とすれば、色黒・タトゥー・ホクロは脱毛できるのでもお話したように、
バンソコウや保護シートを張って光を直接乳首・乳輪にあてないようにすることです。
乳首・乳輪周辺に関わらず、脱毛する場合は黒い部分に
光があたらないように保護すれば問題ありません。
逆に言えば、そこさえしっかりと守れば、肌トラブルが起こることはありませんので、
特別注意することもないと思います。

万が一乳首・乳輪に光が与えれば

乳首・乳輪をしっかりと保護すれば肌トラブルはありません。
仮に誤って光をあてたとしても
医療レーザー脱毛のように出力が高いわけではありませんから、
1度くらいならそこまで問題ないでしょう。

ただ、保護していない状態で照射を続けると、火傷、炎症性浮腫(えんしょうせいふしゅ)、毛嚢炎(もうのうえん)
が起こる可能性もゼロではありません。

家庭用脱毛器の場合、そこまで心配する必要はありませんが、 念のために火傷、炎症性浮腫や毛嚢炎の紹介をしていきます。

火傷・炎症性浮腫

この2つはほぼ同じ事で、お肌がヒリヒリしたり、赤くただれたりする症状です。
これは、黒い部分を保護していても、お肌の弱い方だと起こりうることですので、
そこまで気にする必要はありません。

もしこのような肌トラブルになっても、薬を塗っておけばすぐに治りますし、
ほおっておいてもたいした影響はありません。

しかし、患部を冷やさず、レベルMAXで黒い部分に
直接照射してしまえばダメージも大きいので、、
それは病院に行って治療しなければいけないと思います。
ですが、そんな事はほぼありませんので、
脱毛をはじめることに必要な当たり前の事を守れば
気にする必要もありません。

毛嚢炎

脱毛後毛穴に菌が入り、その分が赤くなり痛みを感じる症状の事です。
脱毛した後は、光の熱によって毛穴のバリア機能が低下し、
菌が繁殖しやすくなります。
特別ひどい事にはなりませんが、
薬を塗ってしっかりとケアしなければいけません。

ただ、この症状は医療レーザー脱毛のように、
出力が高い脱毛器の場合によく起こることで、
家庭用脱毛器や脱毛サロンでは、そんなに起こらない症状です。
脱毛後お肌がヒリヒリして痛いと感じれば、
薬局の市販の薬を塗っておけば問題ないと思います。

脱毛魔女は、一度ケノンのレベルNAXでいきなり照射して、
若干ヒリヒリしましたが保湿クリームを塗ればすぐに治りました。

脱毛ではなく自己処理する方

脱毛ではなく、毛抜き、カミソリ、脱毛クリームなどで自己処理する方もいますが、
実はこれも肌トラブルを起こしやすいのです。

例えば、敏感なパーツにカミソリをあてると、
必要な角質を削ってしまい、肌荒れを起こすこともありますし、
毛抜きだと、無理に毛を抜きますので、
そこから雑菌が入り炎症を起こす可能性もあります。

また、脱毛クリームは刺激が強い化学薬品が配合されておりますので、
お肌がかぶれたり、中にはアレルギーを起こすこともあります。

イメージとしては、脱毛は危険と思われていますが、
簡単なセルフケアも脱毛と同じかあるいはそれ以上に
肌トラブルを起こす可能性もあるのです。

脱毛サロンや脱毛クリニックはどうなの?

当然脱毛サロンや脱毛クリニックでも乳首・乳輪周りの脱毛をすることが出来ます。
自分で照射するのが怖いという方はそれらの場所で脱毛してもらうのも良いでしょう。

まずは有名どころの脱毛サロンと脱毛クリニックの料金を紹介してきます。

乳首・乳輪周りの料金 料金 回数 脱毛完了までの必要回数 種類
ミュゼ 6,000円 2回分の料金 10回以上 脱毛サロン
エピレ 6,000円 2回分の料金 10回以上 脱毛サロン
アリシアクリニック 27,500円 5回分の料金 5回 クリニック
湘南美容外科クリニック 17,410円 3回分の料金 5回 クリニック

これをご覧いただけばわかるように乳首・乳輪周りは意外と安い事がわかります。
また、脱毛サロンはクリニックに比べ脱毛回数が必要になり、
トータル的に言えばクリニックの方が安くなる可能性もあります。

乳首・乳輪周りを自分で脱毛するのが怖いという方は、
クリニックやサロンなど専門のところで脱毛してもらうのも良いと思います。

しかし脱毛サロンの場合注意して下さい。
そもそも脱毛サロンのスタッフは医療的な知識がないスタッフです。
医療機関とは違います。

お店によっては、昨日・今日脱毛器の使い方を教えてもらって
施術しているところもあります。

よく様々な脱毛サイトで脱毛サロンの事を専門と言いますが、実際は専門ではなく、
脱毛の知識が少ない普通のスタッフがいるケースもあります。
家庭用脱毛器で自分で脱毛するのと大差はありません。

その辺の事は、サロンと家庭用脱毛器どちらが良いの?
詳しくお話しております。

乳首・乳輪に直接脱毛する方法は?

通常の家庭用脱毛や脱毛サロン、医療レーザー脱毛で
乳首・乳輪を直接照射することは出来ません。
ただ、乳首・乳輪からムダ毛が生えていて脱毛したいという人も多いはずです。

そうした場合は、
●電気針脱毛(ニードル脱毛・絶縁針脱毛)
●蓄熱式脱毛(ハイパースキン脱毛・バルジ式脱毛・SHR式)

という方法を使えば脱毛することは可能です。

電気針脱毛とは、毛穴に針を刺し電流を流して毛細細胞を破壊するという方法です。
痛みが強く、料金も高いですが、確実に脱毛することが可能です。

蓄熱式脱毛というのは、黒い色素に光が反応するのではなく、
毛包にある発毛の司令塔であるとされる
「バルジ領域」に直接熱を与える事で発毛を防ぐ方法です。

そのため今までは脱毛出来なかった黒い色素や白髪などにも照射することが出来ます。
ただ、通常の脱毛よりも効果が弱く、脱毛回数が増える可能性があります。

これらの方法は一部のサロンやクリニックで行え、
蓄熱式脱毛は家庭用脱毛器でも出来ます。

ただ、蓄熱式脱毛式の脱毛器は価格が高く、
乳首・乳輪を脱毛するために購入するのは現実的ではありません。

乳首・乳輪周辺の脱毛をするために家庭用脱毛器を購入する必要はありません。

性能の良い家庭用脱毛器を使えば、脱毛サロンと同等に綺麗に出来、
しかも安くて脱毛期間も短く出来ます。

ただ、乳首・乳輪周辺を脱毛するためだけに家庭用脱毛器を購入すると高く付くので、
乳首・乳輪周辺だけならクリニックやサロンを利用すると良いと思います。

また、先ほどお話したように通常の家庭用脱毛器では乳首・乳輪に直接照射できません。

家庭用脱毛器を使ってお得なのは全身や広い範囲の脱毛をしたい場合です。
狭い範囲だけ脱毛したなら、クリニックやサロンの方がコストが安くなります。

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピX
手軽で使いやすい脱毛器