家庭用脱毛器ランキングTOPその他>お金がなくて脱毛出来ない方

お金がなくて脱毛出来ない方

残念ながらお金をかけずに脱毛する方法はありません。
最も安い家庭用脱毛器でも、全身脱毛もしくは主要部分(脇、足、腕など)を
綺麗にするためには7~8万円は必要です。

かといってカミソリや電気シェーバーでは、
面倒ですしお肌を痛める可能性もあります。

そんな方に方法として考えられるのは、脱毛とまではいきませんが、
抑毛剤を使い、ムダ毛の生え量を抑えたり、毛を薄くすることは可能です。

抑毛剤とは、お肌に塗るだけでムダ毛を抑制してくるもので、、
有名どころでは、「パイナップル豆乳ローション」というものがあります。

どのような仕組み化というと、抑毛剤にイソフラボンという成分が配合され、
そのイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをしてきます。

ムダ毛の量が多かったり、濃かったりするということは、
体内で男性ホルモンの分泌が多くなっていることですので、
イソフラボンが配合している抑毛剤をお肌に塗る事で、
相対的に女性ホルモンの比率を増やしムダ毛の量を抑えてくれるのです。

価格としては、2,000円台~4,000円台が相場です。

脱毛から比べれば価格が安く、
カミソリなどの自己処理よりもお肌にも優しくなります。
その上、太い毛、薄い毛に限らず抑毛してくれますから、
綺麗にムダ毛処理もしてくれます。
お金がなく脱毛ができず、カミソリを使わずムダ毛処理をしたい方には、
おすすめの方法です。

抑毛剤にもデメリットがあります。

一見抑毛剤は良いように思えますが、デメリットもあります。
もし抑毛剤を使うなら、マイナスの部分も理解して下さい。

効果には個人差がある

抑毛剤といっても、化粧水やジェルといった、ただの化粧品で薬ではありません。
ですから、効果には個人差があります。
脱毛魔女はそこそこ効果はありましたが、中には効果がない方もいますし、
効果があっても、ムダ毛の量が少し減る程度の方もいます。

また、すぐに効果の現れるわけではなく、抑毛できたと感じるまで、
1ヶ月~3ヶ月くらいはかかります。

使い続ければいけない

抑毛剤はあくまでも抑毛で脱毛ではありません。
そのため抑毛剤を使い続ければ元に戻ってしまいますので、
応急処置的な方法です。

長い目でみればコストがかかる

抑毛剤は使い続けなければいけないことから、
長期的に見れば、逆に高く付きます。

例えば、抑毛剤を1年間使い続けるとして、
2,500円のパイナップル豆乳ローションを購入したとします。

大抵の抑毛剤は1本で1ヶ月分ですので、
2,500円×12ヶ月=30,000円にもなります。

ただ実際は、効果が現れてくれば使う量を減らせますので、
もう少し安くなりますが、それでも20,000円以上はすると思います。

夏場限定で使うのがおすすめ

多分大抵の方はムダ毛気になるのは、
お肌の露出が増える夏場だと思います。

ずっと使い続ければコストがかかりますが、
季節限定にすれば、経済的な負担は抑えられます。

例えば夏本番の6,7,8月にムダ毛の量を抑えたいのであれば、
1ヶ月で効果が出ると仮定して、5月から8月くらいまで使えば、
1万円くらいで抑えられると思います。
脱毛魔女もお金がなく脱毛できない時期は、
そうした使い方をしていました。

お金がなくて脱毛できないという方は、
是非検討してみて下さい。

次のページ家庭用脱毛器の人気ランキングTOP

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器