家庭用脱毛器ランキングTOPその他>脱毛器の連射機能の仕組みと効果

お肌への負担を減らし脱毛効果を維持する連射機能

高性能の家庭用脱毛器だと連射機能が付いています。
ただ、連射機能って言われてもピンとこないと思います。

この連射機能が付いていることで、お肌への負担を極力減らしながら、
脱毛効果を維持することが出来ます。
脱毛したいけど、敏感肌で脱毛するのが怖いという人にはおすすめの機能です。

脱毛器の連射機能ってどういうこと?

連射機能のイメージ図
<出典>ラヴィ公式サイト

連射機能とは通常ワンショットで照射していきますが、
そのワンショットの光をを数回に分けて照射する事で、
お肌への負担を減らすという方法です。

数回に分ける事で、エネルギーが分散して
お肌への負担や痛みを減らすことが出来ます。
また、レベルを上げても脱毛効果を維持しながら脱毛していけます。

具体的なメリットとしては、
●お肌への負担を減らしながら脱毛効果を維持できる
●敏感肌の方でも脱毛できる
●ワキ、VIOラインなど痛みを感じやすい部位の脱毛がしやすい
●子供でも安心して使える

などです。

対してデメリットは、
●ワンショットに比べ若干脱毛効果が落ちる
●若干脱毛期間が長くなる

などです。

ただ、このデメリットに関しては
管理人のように13種類以上の脱毛器を使いこんでいれば差を感じる事であって
はじめて脱毛器を使う人が比べてもよくわからないと思います。

脱毛効果だけを考えるなら当然ワンショットの方が良いのですが、
連射機能でも脱毛効果は十分にありますので、
敏感肌の人はこの機能を活用して下さい。

連射機能がついている家庭用脱毛器

連射機能を搭載している家庭用脱毛器は高性能なので数は限られます。
代表的な物はケノンとラヴィです。

  • ケノン→3連射・6連射
  • ラヴィ→2連射・5連射

連射数は数が多いほどお肌への負担が軽減され、
数が多いほど若干ではありますが、脱毛効果が落ちます。

ケノンはラヴィよりも脱毛効果が高く高性能なので、
連射数は多くなっています。

ラヴィはそこまで脱毛効果が高くないので、
2連射でも5連射でも大差はないと思います。

逆に敏感肌の方がケノンをレベルMAXで使う場合、
6連射で試して様子を見た方が良いでしょう。
レベルを下げれば3連射でもお肌への負担はそこまでありません。

敏感肌でない人は連射機能は必要ない

連射機能は敏感肌の人でもお肌への負担を軽減させながら脱毛していくための機能なので、
敏感肌でない人は使う必要はありません。

少しでも脱毛効果を上げ、早く脱毛を終わらせたいならワンショットがベストです。

また、毛が濃い人や産毛を脱毛したい人もワンショットが良いと思います。
産毛や濃い毛を脱毛するにはパワーが必要なので、
ワンショットでレベルを上げて照射するのが基本です。

もちろん、敏感肌の人は無理してワンショットにして肌トラブルが起きれば大変ですので、
連射機能を使い気長に脱毛して下さい。

連射機能がついているおすすめの脱毛器


ケノン

ケノンは脱毛サロンと同等の脱毛効果がある上で、3連射・6連射機能が付いているので、 脱毛効果を保ったままお肌への負担が少ないのが特徴です。 全身何処でも脱毛出来、しっかりと脱毛を終わらせる事ができれば、ほぼムダ毛が生えない状態まで持っていくことが出来ます。 管理人もケノンで全身脱毛しましたが、稀に細い産毛が1・2本生えるだけなので自己処理する必要がなくなりました。 脱毛サロンより、半分以下期間で圧倒的に安く全身脱毛出来ます。

価格 電気 種類
69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0185円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
3年間 最大24回分割

次のページ家庭用脱毛器ランキング

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピX
手軽で使いやすい脱毛器