家庭用脱毛器でヒゲの脱毛は綺麗にできるの?

ヒゲの画像

ヒゲの脱毛と言えばクリニックや脱毛サロンのイメージは強いですが、
家庭用脱毛器でもヒゲの脱毛は出来ます。

今の男性は普通にヒゲの脱毛をする時代ですので、
どうせなら気軽に自宅で脱毛できる家庭用脱毛器が良いという声が多数あります。

但し、男性のヒゲは他の部位に比べ脱毛が難しく、注意点や適した脱毛器の選び方も必要です。
適当に脱毛器を購入して適当にヒゲの脱毛をしても綺麗にはできないでしょう。

そこで、今回は家庭用脱毛器を使って
綺麗にヒゲの脱毛をするポイントや注意点をいくつか紹介していきます。 是非参考にして下さい。

ヒゲの脱毛は医療レーザー脱毛でないと難しい

まずはじめに申し上げたいのは、医療脱毛でも髭の脱毛は簡単ではありません。
通常の部位より回数が多くなり、痛みもあり、
医療レーザー脱毛ではなく絶縁針脱毛が必要になるケースもあります。
(基本は医療レーザー脱毛で永久脱毛はできる)

医療脱毛でも難しいという事は、家庭用脱毛器や脱毛サロンでも難しいという事です。
家庭用脱毛器や脱毛サロンでは完全に毛が生えない状態にするのは難しく、
完全に髭剃りが必要なくなるわけではありません。

もちろん、今までのように濃いヒゲが生えることはなくなりそれなりに綺麗にはなりますが、
たまに生えてくる産毛を剃るくらいの自己処理は必要です。

何故家庭用脱毛器ではヒゲの脱毛は難しいのか?

脱毛サロンも同じですが、家庭用脱毛器でヒゲの脱毛が難しい理由があります。
自宅でヒゲの脱毛をするからにはそこをしっかりと抑えてから脱毛を始め下さい。

痛みが伴う
痛みがある

男性の髭のように黒いメラニン色素率が高いと、その分痛みも強くなります。
痛みが強いと出力レベルを下げますが、下げると効果が落ちるので、
脱毛が進まなくなります。
また、家庭用脱毛器や脱毛エステで麻酔は使えませんし、顔の脱毛ですから
慎重にならざるを得ません。
(麻酔クリームは個人輸入で購入出来ない事もない)
そして痛みに耐えられなく、途中で止めてしまう方も多いのです。
(痛みは家庭用脱毛器の種類による)

医療レーザーに比べて出力が弱い
脱毛パワーが弱い

ヒゲの脱毛は他の部位に比べ出力が必要になりますが、
家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛は出力が弱く完全に永久脱毛することは出来ません。

もう一生髭剃りをしたくないという方はクリニックに行って医療レーザー脱毛をするしかないと思います。
ただその分、家庭用脱毛器に比べ料金が高く、痛みも強くなりデメリットもあります。
(麻酔をしても完全に痛みがなくなるわけではない)

高性能の脱毛器を使わなければいけない
高性能の脱毛器を使う

家庭用脱毛器でヒゲの脱毛をするなら出力が必要ですから、
価格が高い高性能の脱毛器を購入する必要があります。

安い脱毛器だと出力が弱く一時的にヒゲの生える量が減ってもすぐに元に戻ってしまいます。

また、安い脱毛器はヒゲの脱毛すらNGな物も少なくありません。

ヒゲの脱毛回数と期間

家庭用脱毛器で何処までヒゲの脱毛を出来るかによりますが、
毛が薄い方で15回、濃い方なら20回以上は必要になるはずです。

それくらい脱毛してもまだまだ足りないケースの方が多いような気がします。

かなり大雑把に言うとフラッシュ脱毛、レーザー脱毛も含め、
一般的には10~20回くらいが目安ではないでしょうか。

特に家庭用脱毛器や脱毛サロンのようなフラッシュ脱毛なら回数が必要となりますので、
自分が納得するまで照射し続けるしかないと思います。

ヒゲ脱毛は最も脱毛回数が必要となる部位と言えると思います。

また脱毛期間は、脱毛器の場合は1ヵ月に2回のペースを続けて、
ヒゲの生える量が減り出したら徐々に回数を減らしていく方法がベストだと思いますので、
最低でも約1年はかかります。

長いと感じるかも知れませんが、医療脱毛でも1年半はかかり、
脱毛サロンだとヒゲだけでも2年くらいはかかります。

家庭用脱毛器はある程度脱毛回数を増やせますから脱毛完了まで早い方だと思います。
<関連>脱毛する期間と時間は?

綺麗にヒゲ脱毛をするための家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器でまともにヒゲの脱毛をできる物はそうはありません。
ヒゲの脱毛をするにあたり絶対に必要な
●出力が高い
●フラッシュ脱毛器である

ですが、それに当てはまるのは現時点ではケノンしかありません。

というのも出力が高いだけならレーザー脱毛器のトリアがあっても
レーザー脱毛器は痛みが強すぎてヒゲの脱毛は難しいですし、
他のフラッシュ脱毛器は痛みは少なくても出力が弱く脱毛効果も弱いです。

そうなると選択肢はケノンしかなくなり、ケノンは高性能で脱毛サロンと同等の効果がある一方、
価格は7万円して他の脱毛器より高くなります。

しかし、それでも脱毛サロンやクリニックに比べ格段に料金が安く、
一度本体を購入すれば半永久的に使えて、納得いくまで脱毛を続けられます。

また、兄弟や友人などとも共有できるのでお金を出し合って購入すれば安くすることも出来ます。

脱毛器で何処までヒゲを綺麗にできるのか?

ヒゲ脱毛のビフォーアフター

管理人は女性ですからヒゲの脱毛をすることはありませんが、
ケノンでヒゲの脱毛をした方にお願いしてレポートを書いて頂きました。
<参考>よしきさんのケノン脱毛器体験レポート

よしきさんによると、まだ髭剃りをすることがあっても
固くて濃いヒゲが今は産毛のようになり、青光りした口周りが綺麗になったようです。

多分このまま脱毛を続けていくと髭剃りをする回数が今以上に減り、
口周りがすっきりとし爽やかになると思います。

もちろん、家庭用脱毛器ですのでクリニックのような永久脱毛は出来ませんが、
一度脱毛が終われば以前のように固くて濃いヒゲが生えてくることはなくなります。

完全にではなく、それなりに綺麗に出来れば良いというなら家庭用脱毛器でも十分です。
<関連>永久脱毛は自宅で使える家庭用脱毛器で出来るの?

ヒゲの脱毛でどのような失敗やトラブルがあるのか

家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛で、
それほど失敗や肌トラブルは少ないと思います。

あえていう言えば、思ったほど効果がないと感じる方もいるという事でしょうか

人によっても髭が濃すぎたり、皮膚が固すぎたりしてフラッシュ脱毛のパワーでは思うように
効果が感じられないケースもあります。

しかし、それはよっぽど髭が濃すぎる方で
そうした方は多分はじめからクリニックにいって医療脱毛を受けると思います。

また、中にはお肌のバリアが低下して毛穴に殺菌が入り赤くブツブツになったり、
水ぶくれになったりするケースもありますが、
それほ医療レーザー脱毛のように出力が高い脱毛器を使っているからです。

もちろんその分効果も高いのですが、家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛ではそうしたトラブルはあまりないと思います。

仮になったとしても症状は軽く、一時期脱毛するのを止めればすぐに治る程度です。

ヒゲ脱毛におすすめの家庭用脱毛器


ケノン

現在発売している脱毛器で最も効果が高い物です。以前まではケノンでもヒゲの脱毛は大変でしたが、
ストロングカートリッジというヒゲやVライン用に作られた強力なカートリッジが出てきたことで、
ヒゲの脱毛もかなり綺麗できるようになりました。自宅ヒゲの脱毛をしたい方はもとより、
脱毛エステにいくらならケノンを使った方が早く綺麗にヒゲの脱毛ができると思います。

価格 電気 種類
69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0185円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
3年間 最大24回分割

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器