家庭用脱毛器の人気ランキングTOP家庭用脱毛器のQ&A>家庭用脱毛器のVIO脱毛の注意点やポイント

VIOのおさらい

VIOの脱毛をしたいという女性が多いと感じます。

脱毛サロンやクリニックだと見られるのが恥ずかしく、 家庭用脱毛器で自分で脱毛したいと思います。 そこまでまずはVIO脱毛の基本的な知識を身に付けて下さい。

Vライン

Vラインの図

VIOラインの中で最も人気があり、全身脱毛をする方は
必ずとって良いほど脱毛するパーツです。

このラインはビキニや水着などを履いた時に
毛がはみ出る部分ですので、女性なら気を使います。
剛毛の方は、少し油断するとボウボウになりますので、
きっちり脱毛したいとこ。

全部脱毛する方もいますし、はみ出そうな部分だけ脱毛する方もいます。
因みに脱毛魔女は、全て脱毛するのではなく、
Vラインが綺麗に残るように脱毛しました。

一般的にVラインの脱毛の形は3種類あり、
●逆三角形型
●Iライン型
●ハイジーナ型(全部綺麗に剃る)

になります。

脱毛魔女は逆三角形型にして、
処理したい部分に照射して、残したい部分には照射しないで脱毛してきます。

自分で脱毛する場合、毛を残したい部分に照射してしまいそうで難しそうという話を聞きますが、
アマゾンなどで安く売っているアンダーヘア用のスタイルガイドを使えば自分のイメージした綺麗な形で脱毛出来ます。

アンダースタイルガイド

自分の好きな形に合わせられるこのようなアンダースタイルガイドは 誤って照射する心配がなく、1,000円以下で購入出来ます。 もちろんハイジーナにしたい場合は購入する必要はありません。

脱毛エステの良くわかってない新人のスタッフでも脱毛できるで、誰でも簡単に出来ます。

Iライン

Iラインの図

両脚の付け根の部分のことをIラインといいます。
いわゆる股ですね。

自分では脱毛するのが難しい部位で、
間違って粘膜を脱毛してしまう可能性があり、
慎重に脱毛しなけばいけない部分です。

クリニックで脱毛するの恥ずかしくて嫌がる方も多く、
かといって自分で脱毛するのも難しいので、
脱毛しないか方も結構多いと思います。

脱毛魔女の友人で脱毛している方でも、
Iラインを脱毛している方は少ないと感じました。

Oライン

Oラインの図

いわゆる肛門周りです。
普段見ることはありませんので、気にしない方も多いのですが、
ボウボウなら彼氏に見られた時にひかれますし、衛星的にも
脱毛した方が良い部位です。

しかし、OラインはIライン以上に自分で脱毛するのが難しい部位です。
かなり器用に行なわないと脱毛できません。
また、自分で脱毛する場合は、照射しているのがほぼ見えませんので、
一歩間違えれば、肛門周りを傷つける可能性もあります。

このOラインも脱毛している方はそんなに多くはないと思います。

VIOに必要な脱毛回数

まず大前提に使う脱毛器や出力レベル、そして個人差があるので、
この回数をやれば絶対に綺麗に脱毛できるというわけではありません。
これより少なく脱毛できる方もいますし、多くなる方もいます。
その前提を理解してもらえればと思います。

●V・Iライン:12回~15回
●Oライン:15回

あくまでも個人的な意見ですが、もしかしたらI・Oラインは照射しにくい部位ですので、
これよりももっと回数が必要になるかも知れません。
脱毛魔女はこの回数よりは少なかったですが、一般的にはこのくらいは必要だと思います。
もちろんそれはエステサロンでも同じです。

ただ、医療脱毛の場合その半分以下で脱毛が終わるケースが多々あります。
医療脱毛は出力が高く痛みはありますが、その分少ない脱毛回数で永久脱毛できるメリットはあります。
(永久脱毛はクリニックや皮膚科などの医療機関でしかできない)

VIO脱毛の注意点

まず、VIOラインは、他のパーツよりも敏感なため、
当然痛みがあります。 どのくらいかは、個人差、使う脱毛器、脱毛器の出力レベルによっても
異なりますので、何とも言えません。
ただ一つだけ言えるのは、レベル調整を上手くして慎重に脱毛しなければいけないこと。

次に脱毛はムダ毛の自己処理をしなければいけませんが、
実はこれが結構大変です。

Vラインなら問題ないのですが、I・Oラインは剃りにくいですし、
剃り残しがあれば、脱毛効果は弱まり、痛みも強くなります。

ですから、しっかりと剃れているか確認してから脱毛を始めてください。

VIO脱毛トラブルについて

VIOラインのトラブルについて気にする方もいるようですが、
基本的にそんなにリスクはありません。

VIOラインに限らず脱毛全般のリスクと言えば火傷ですが、
家庭用脱毛器や脱毛エステはそこまで出力が高くないので、
火傷になる可能性は少ないはずです。

また、肌トラブルではありませんが、
新しく毛が生えてくる時にチクチクかゆくなる可能性はありますが、
綺麗になることですぐに治ります。

肌トラブルについては、家庭用脱毛器の肌トラブルって?
詳しく話しております。

VIO脱毛を脱毛器で脱毛してのメリット

VIO脱毛して良い点は色々ありますが、
主に上げられるのは以下の点です。

●整理時にムレや臭い、かゆみが軽減される
●彼や旦那が喜んでくれる
●自己処理の手間がなくなる
●どんな下着や水着も着れるようになる

です。

特に良い点は、「整理時にムレや臭い、かゆみが軽減される」「自己処理の手間がなくなる」 だと思います。

生理中にムレやかゆに、臭いを気にている女性は多く、
これを改善出来るだけでも衛生的になりストレスも解消されます。

また自己処理の手間が省けることで、水着を着る時や彼氏に会うときなど
気にしなくて済むのも大きなメリットです。

女性ならVIO、最低でもVラインの脱毛だけでも一度は考えたことがあり、
人に見られるのは恥ずかしいと感じてクリニックやサロンに通うのが面倒で何も処理していない方は
家庭用脱毛器はオススメです。

<

VIO脱毛を脱毛器で脱毛してのデメリット

VIO脱毛して後悔したり、止めれば良かったたりするケースというのはハイジーナ(全て剃る)にしてしまったケースが多いと思います。普通に形を整えたり、毛の量を減らしたりするくらいなら後悔はありません。 具体的には以下のようなシュチュエーションで考えれらます。

●温泉に行った時に恥ずかしい
●遊んでいると思われる
●いつでもパイパンに出来るのだから今やらなくてもよかったと思う

など

管理人もそうですが、周りの人の話を聞くと、
温泉に行く時が恥ずかしいと感じるようです。

温泉では年配の方も多く、年齢層が高い方はハイジーナにする習慣がなく、
何となくイメージ的に良く感じません。

特に旦那さんや彼氏のお母さんと一緒に温泉に入る事があったら、
本当に恥ずかしいと感じます。
また、男性でもパイパンは遊んでいると思う方もいるようです。

ただ、こうした事を気にしないという方も多いので、
デメリットとなるかわかりませんが、こうした事例もあることは確かです。

VIO脱毛のポイント

ちなみに脱毛魔女はケノンでVIOラインを脱毛しました。
ケノンはI・Oラインの脱毛は推奨していないのですが、
気にせず普通に脱毛しました。

ただ、Oラインの脱毛は起用に行なわなければ難しいため、
一概におすすめ出来ません。
レベルを上手く調整しながら行なえば問題ないのですが、
中には怖いという方もいますので、
自分の判断で行なって下さい。
詳しくはケノンでご紹介しております。

ポイントは脱毛する前に準備する事とは
でお話しているように脱毛する前麻酔という意味で患部を冷やす必要があります。

VIOラインは特に冷やす必要がありますので、
キンキンに冷えた保冷剤などで他のパーツ以上に長い時間冷やして下さい。

VIOラインを冷たい保冷剤で冷やすのは、
冷たい!!と感じるので
以外と大変なのですがそこは我慢です。
ここをしっかりと行なえば、痛みはそんなに感じません。

レベル調整も大切です。
VIOラインから脱毛する方はいないと思いますので、
大体このレベルなら、このくらいの痛みでこのくらい脱毛できるという感覚が身に付いていますが、
それよりもはじめは低めのレベルで照射することです。

特にI・Oラインは慎重さが大切です。

VIO脱毛後の注意点

極力自己処理はしない

これはVIOに限らず全ての部位に言える事ですが、脱毛期間中は極力自己処理を避けて下さい。
お肌に優しい電気シェーバーで軽く剃るくらいなら問題ありますが、
毛抜きや除毛クリーム、脱毛ワックスなどを使うとお肌を痛めるだけではなく、
毛周期が乱れ、脱毛効果が半減してしまします。

出来るだけお肌に負担をかける行為はしないで下さい。

日焼けをしない

VIOラインはそれほど日焼けをする部位ではありませんので、
気にする必要はありませんが、絶対に日焼けはNGです。

万が一日焼けをしてしまうと、脱毛出来なくなりますし、シミの原因にもなります。

脱毛後2~3日はシャワーだけにする

脱毛はお肌にダメージを与えますので、2日くらいはお風呂には入らず、
シャワーで我慢して下さい。
また、その際お肌を強くこすらず優しく洗って下さい。

但し、家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛は医療脱毛と違いそれほどお肌に負担がありませんので、
脱毛した当日くらだけ注意すれば良いかもしれません。 それは自分のお肌と相談して決めて下さい。

家庭用脱毛器でVIO脱毛はして良いの?

ケノンに限らず通常の家庭用脱毛器はケノン以外IOラインの脱毛は推奨していません。 中にはVラインの脱毛すら推奨されていない物もあります。

しかし、誤解しないでほしいのはIOラインの脱毛を出来ないというわけではありません。 脱毛サロンで出来るという事は家庭用脱毛器でも出来るという事です。 全く同じフラッシュ脱毛器で脱毛器の仕組みも同じです。

しかし、とても敏感な部位であるため自分で照射して万が一肌トラブルを起こしてしまっては、 メーカー側の責任問題にもなりますし、IOライン特にOラインは自分で照射するのは難しい部位です。 ですから、メーカーはIOラインの脱毛を推奨していないのです。

ただ、自己責任にはなりますが、脱毛器を使い自分で照射しても良いと思います。 脱毛魔女も自分で脱毛しました。

他のパーツより、脱毛が難しいのですが、
自分でできない事もないので、他人に脱毛してもらうのがどうしても恥ずかしいという方は、
チャンレンジして見る価値はあります。 全然綺麗に脱毛出来ますよ。

ケノンでVライン脱毛後

上記の画像はケノンでVラインを脱毛した脱毛器体験記のアフター画像ですが、 全然綺麗になっていると思います。 因みにパイパンではありません。

ただし、理想を言えばクリニックです。
クリニックは家庭用脱毛器や脱毛サロンと違い永久脱毛できますから、
一度脱毛を終わらせれば、二度と自己処理をする必要はありません。

家庭用脱毛器や脱毛サロンだと、多少ですが毛が生えてくる可能性がありますので、
いずれは自己処理が必要なるかもしれません。

ですから、恥ずかしさを耐えられ多少予算があるならクリニックで脱毛することがおすすめです。

ただ、VIOラインは他のパーツよりも価格が高いので、
お財布事情で利用できない方もいます。

その場合、脱毛魔女のようにケノンで脱毛しても良いでしょう。

完璧にVIO脱毛をしたいという方以外、家庭用脱毛器でも十分だと思います。

家庭用脱毛器のVIO脱毛の選び方

家庭用脱毛器でVIO脱毛する場合の選び方のポイントは、
以下の3つです。
●脱毛力が高い
●痛みが少なく
●Vライン脱毛が可能

(基本I・Oラインは推奨されていませんが、
Vラインの脱毛が出来ればI・Oライン脱毛は自己責任ならOK)

このポイントに当てはまる脱毛器は実はケノンくらいしかなく、
その他の脱毛器は何かしらのデメリットがあります。

例えば、トリアは脱毛力は高くても痛みは強いですし、
その他の脱毛器は脱毛パワーがたりません。

VIOは毛が密集しているのでパワーがない脱毛器だと中々綺麗に出来ないのです。
もちろん、パワーが弱い脱毛器でも根気よく続けていけばそれなりに綺麗にはなりますが、
それなら少しお金をかけてクリニックに行った方が効率が良いです。
もちろん、他人に照射してもうのは恥ずかしいと言う事もありますが。

VIO脱毛におすすめの家庭用脱毛器にランキング

ここはあくまでもVIO脱毛の家庭用脱毛器ランキングで、 総合ランキングは家庭用脱毛器の人気ランキング | 人気脱毛器のリアルな生の声で紹介しております。


ケノン

最も脱毛効果が高く、最も安全にVIO脱毛できるのがケノンでしょう。
VIO脱毛するのに十分な出力があり、その割に痛みも少ない脱毛器です。
Vラインのように剛毛な部位を綺麗にするストロングカートリッジも出てきて、
以前よりもより綺麗に早く脱毛出来るようにもなりました。VIOに限らず自宅で脱毛したい方はケノンは絶対におすすめです。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0185円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大24回分割


トリア

脱毛パワーが高いのですが、その分痛みも強いのでVIOのように敏感な部位への脱毛は正直微妙です。
ただ、痛みに耐えられればかなり綺麗に脱毛できますし、比較的短期間で終わらせる事も出来ます。
VIOに限れば絶対にお勧めというわけではありませんので、痛みに強いという方だけご検討しても良いと思います。

価格 電気 種類
54,800円 充電式 レーザー 若干あり
用途 レベル 照射面積 連射機能
部分向き 5段階 1m なし
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
あり 0.137円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大24回分割


ラヴィ

ケノンと同じフラッシュ脱毛器で痛みもそれほどなく使いやすい脱毛器です。
ただ、ケノンやトリアに比べると脱毛パワーが劣るのでVIO脱毛だと時間がかかるかも知れません。
根気よく続けるならラヴィでも良いですが、早くより綺麗に脱毛したいならケノンの方が良いでしょう。

価格 電気 種類
54,720円 コンセント式 フラッシュ 普通
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身 7段階 6㎡ あり
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.2円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大24回分割



ブラウンシルクエキスパート

電気シェーバーの世界的なメーカーのブラウンが発売した家庭用脱毛器です。
シルクエキスパートは使いやすくVライン脱毛もできますが、脱毛力が弱くVIO脱毛にはそれほどお勧めできません。。
ただ、根気よく続けても良いなら問題ありませんが、通常のVIO脱毛回数の倍以上は必要になりますし、。
それで何処まで綺麗になるかは正直微妙です。

シルクエキスパートはしっかりと脱毛するというより、軽く全身脱毛するだけで良い方にお勧めです。

価格 電気 種類
41,524円(税込) コンセント・アダプター フラッシュ なし
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身 自動調整 6㎡ なし
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
なし 約2.9円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 一括

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器