家庭用脱毛器の種類は?

家庭用脱毛器は大きく分けて
「フラッシュ式脱毛器」、「レーザー式脱毛器」、「サーミコン式脱毛器」、「超音波・高周波式脱毛器」、「バルジ式脱毛器」
3種類があり、それぞれ特徴が異なります。
もう少し細かくわければまだあり、現在の主流はフラッシュ脱毛器です。
この3つが基本ですので、
皆さんはこの種類の脱毛器から自分に合った物を選ぶ事になります。

フラッシュ式脱毛器

フラッシュ脱毛器

家庭用脱毛器や脱毛エステで最も多く使われているタイプで、
最もおすすめできる脱毛器です。
仕組みとしては、黒い色素に反応するインテンスパルスライト(IPL)という光をお肌に当てます。

IPLの光はレーザーと違い単一の光ではなく、幅広様々な波長を含む光になります。
その光から、フィルターを使って脱毛に必要な光の波長だけを取り出して脱毛していくのです。

特徴としては、お肌との距離が離れるほど光が拡散しますので、
お肌に余分な熱を加える事なく、毛根部分だけに力を集中させる事が出来ます。
そのため、お肌へのダメージが少なく痛くないのが特徴です。
また、レーザー脱毛よりも照射範囲が広く、
少ない照射回数でも広範囲の脱毛ができます。

脱毛器によって異なりますので一概に言えませんが、
脱毛効果を実感するのはレーザーより遅いですが、
照射回数を増やす事で徐々にムダ毛を細くし、確実に毛を生えにくくしてくれます。

因みにこのインテンスパルスライトは美容外科でニキビ跡やシミ、しわなどの治療の際に使われていて、
フラッシュ脱毛器の中には美顔器として使えるものもあります。

よくフラッシュ脱毛をした後、美肌になったという声を聞きますが、
それはインテンスパルスライト(IPL)の影響によるものです。

インテンスパルスライトの美顔器なようなフォトッフェイシャルは、
一般的な美顔器のイオン導入や超音波と違い目に見えて効果が出ます。

ケアというより改善に近い美顔器ですから使って損はありません。

ですから、フラッシュ脱毛器を購入する際は美顔器としての機能も付いているものを購入すると良いでしょう。

レーザー式脱毛器

レーザー脱毛器

医療脱毛で良く使われる脱毛器で、この3週類の中では最も古い脱毛方式です。
家庭用脱毛器のレーザー脱毛器は医療レーザー脱毛器より出力(脱毛力)を下げていますので、
医療機関でなくもより安全に脱毛できるようになっております。

脱毛の仕組みはフラッシュ脱毛と同じですが、光の種類が違います。
フラッシュ脱毛の光は拡散しやすく、お肌に届く手まで光の力が弱まりますが、
レーザーの光は力を分散させることなく、直線的にお肌に届くので、
より脱毛効果が高くなります。

ただ、その分お肌へのダメージも強く、フラッシュ脱毛に比べて痛みがあります。
また、家庭用脱毛器のレーザー脱毛は、照射範囲が狭く、全身脱毛にはあまり向きません。

例えばレーザー脱毛器のトリアとケノンを比べればケノンの照射面積は10倍はあり、 単純にトリアなら10倍の時間と手間がかかる計算になります。

しかしフラッシュ脱毛器の項目でお話したように、今はフラッシュ脱毛器が主流で、
あまりレーザー脱毛器は使われておりませんし、そもそも基本トリアしかありません。

トリアの性能が悪いと思うなら、レーザー脱毛器は使えないとなります。

サーミコン式脱毛器

サーミコン脱毛器

サーミコン式脱毛器(熱線式除毛器)は、熱線の力で生み出される熱の力で脱毛していく方式になります。
イメージとしてはムダ毛を焦がすという感じで、
お肌の表面に出ているムダ毛を熱の力でカット(焦がす)していくのです。

ですので、肌表面に出ているムダ毛だけを処理するだけで、
脱毛というよりシェイバー(カミソリ)に近く、
毛乳頭にダメージを与えてムダ毛を生えにくくする、
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは違います。

名目上は脱毛器となっていますが、脱毛ではなく毛が伸びるために処理する除毛ということです。

しかし、サーミコン式の脱毛器はノーノーヘアだけで、
これから脱毛したいという方は、このサーミコン式は選択肢には入らないでしょう。

超音波・高周波式脱毛器

超音波式脱毛器

【参照】超音波脱毛器チャームエコー

超音波と高周波はほぼ同じで、ピンセットで毛を挟み、超音波と高周波を流すことで熱を与え、
痛みや抵抗をなくして毛を抜くという仕組みです。

やりはじめは多少痛みはありますが、徐々に慣れてくることで痛みがほぼ感じなくなります。

使い方としては、毛抜きのようなイメージで、主に眉毛やムダ毛1、2本処理したいケースです。
腕や脚、ワキなど広範囲に脱毛したい場合は時間がかかりすぎてお勧めできません。

また超音波・高周波式脱毛器は、フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器のように
毛細細胞にダメージを与えるわけではないので、毛の生える量が減ったり、
生えなくなったりするわけでもないと理解して下さい。
ただ、毛を抜きますから毛周期が乱れ若干毛が生えてくるのが遅く感じる方もいると思いますが、
毛の量がそもそも減るわけではありません。

何にせよ、超音波・高周波式脱毛器はエステサロンで行うような脱毛ではなく、
ムダ毛処理の補完的な役割の脱毛器です。

バルジ式脱毛器

ニード

【参照】超音波脱毛器チャームエコー

一部のクリニックや脱毛サロンでも行われている脱毛方式です。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は光が黒い色素に反応して、そこから熱を伝え毛乳頭にダメージ与え、
毛を生えなくします。

バルジ領域

対して、バルジとは、毛を再生させる「毛包幹細胞」と「色素幹細胞」のことで
この2つを併せてバルジ領域とも言われております。

バルジ領域の役割は毛を再生させる指示を出す発毛因子を作り出すことで、
このバルジ領域に光を当てる事で、毛を再生させなくすることがバルジ式脱毛です。

従来のレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いは、
●お肌へにダメージが少ない
●色黒の肌にも照射できる

ことです。
ですから、子供やお肌が弱い方には良いと言えます。

対してデメリットは、
●脱毛効果が若干弱い
●実証結果が少ない

という事でしょう。

そもそもバルジ領域への脱毛が発見されたのは、
2000年頃でまだまだ未知数なことも多々あります。

これまでの結果で脱毛効果は出ていますが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛より効果が弱く、
脱毛回数が必要な方も多くなっています。

もちろん家庭用脱毛器でもバルジ式脱毛器はありますが、
価格は約20万円もして購入のハードルは高いと思います。

基本的にはバルジ式脱毛器を選ぶ必要はないでしょう。

家庭用脱毛器の種類別比較

それぞれの家庭用脱毛器の「脱毛効果」「痛み」「脱毛期間」の比較をしてみます。
脱毛効果 痛み 脱毛期間
フラッシュ式脱毛器
レーザー式脱毛器 × ×
サーミコン式脱毛器 × × ×
超音波・高周波式脱毛器 × × ×
バルジ式脱毛器 ×

ここで紹介した比較はあくまでも目安で、使う脱毛器によっても異なります。
例えば、フラッシュ脱毛器は種類が多く、性能が高い脱毛器もあればそうでない脱毛器もあります。
また、家庭用ではレーザー脱毛器やバルジ式脱毛器は逆に数が少なく、
一概に比較できません。

ただ、その3つ以外の脱毛器は、
そもそも根本的に脱毛すら出来ませんから、
どれを使おうとも評価は変わらないと思います。

脱毛ワックスや除毛クリームは脱毛ではない

自宅で脱毛する場合、脱毛ワックスや除毛クリームを使う方がいるかと思いますが、
それらは脱毛ではなく、一時的に生えている毛を処理するだけの除毛です。

中には脱毛ワックスや除毛クリームを使えば、
毛の生える量が少なくなるとか薄くなるとか言っている方はいますが、
人間の構造上それはあり得ません。

もし毛が生えるのが遅くなったり、生える量が減ったと感じたなら、
それは無理やり毛を抜いたので、
毛周期が乱れたからで脱毛できたわけではありません。

家庭用、クリニック、サロン関係なく、
脱毛できるのは脱毛器を使うか、電気針をつかう方法しかないと理解して下さい。

家庭用脱毛器はどの種類を選べば良いのか?

家庭用脱毛器を購入するなら、フラッシュ脱毛器を選ぶのが良いでしょう。

他の脱毛器は癖が強く、脱毛器と呼べない物もあります。
そもそもフラッシュ脱毛器以外、市場に出回っている製品自体少ないですから、
必然的にフラッシュ脱毛器を選ばなければいけなくなります。

実はこのページで本当に言いたかった事は、各脱毛器の種類の特徴をお話したいのでなく、
フラッシュ脱毛器しかほぼ選択肢がないということです。

たまに新方式の脱毛器が出たと魅力的に販売ページで紹介されていますが、
実際は脱毛できるとは言い難い物ばかります。

簡単に言うと、「家庭や脱毛エステならフラッシュ脱毛」、「医療ならレーザー脱毛」と理解しておけば良いと思います。

家庭用脱毛器の選び方に関しては、次のページで詳しくお話しております。

次のページ家庭用脱毛器の選び方

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器