家庭用脱毛器ランキングTOPおすすめ家庭用脱毛器>トリア脱毛器の体験談・機能の特徴

トリア脱毛器の体験口コミ・効果を徹底紹介


トリア

家庭用脱毛器や脱毛サロンではフラッシュ脱毛器が主流ですがトリアはレーザー脱毛器です。
医療脱毛以外でレーザー脱毛器を使えるのはトリアくらいで、
仕組みもクリニックで使われているダイオードレーザーと同じです。
もちろん、医療レーザー脱毛より出力は抑えられていますが、
FDA(食品医薬品局)というアメリカの厚生労働省みたいな機関が
唯一認定している家庭用脱毛器で、効果も安全性も担保されています。
その特徴は脱毛力が高く剛毛な人は脱毛効果がすぐにわかると思います。
個人差はありますが、2回~3回照射すれば太くて濃いムダ毛だとポロポロ抜けるのがわかり、
数ある脱毛器の中でもトリアは効果を感じるのが早いと思います。
ただ、レーザー脱毛器ですので、痛みがあり照射面積が狭いデメリットもあります。

価格 電気 種類
54,800円 充電式 レーザー 若干あり
用途 レベル 照射面積 連射機能
部分向き 5段階 1m なし
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
あり 0.137円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 最大24回分割

トリア脱毛器の効果や使い方

トリア脱毛器本体

トリアはコンセントをさして充電してから使います。特別な機能も使い方もありません。
また、通常の家庭用脱毛器はカートリジッジが付いていますが、
トリアは内臓のバッテリー式となっており、
バッテリーの寿命がきたら本体ごと交換になります。

トリアレベル

ご覧の通り、トリアはランプが3つしかありませんが、実はレベルは5段階あります。
数字表記ではありませんので、わかりにくさはありますが、
慣れれば問題ないと思います。
ただ、慣れるまで今のレベルを間違えて、いきなりレベル5とかで照射すれば痛いので、
若干の戸惑いはあるかもしれませんね。
正直もうちょっとわかりやすくしてくれれば良いと感じます。

因みにレベルに関しては、
「ランプが3つ付いていたらレベル5」、「真ん中と下ならレベル4」、
「上だけならレベル3」、「真ん中だけならレベル2」、「下だけならレベル1」 です。

※トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは液晶画面にレベルの数字が表示されるようになりました。
管理人が使っていたのは初代トリアですが、「液晶画面が付いた」「レベル2~4の出力が高まった」「バッテリーが長持ちするようになった」などのマイナーチェンジはされましたが、大きな違いはありません。

トリア使い方

トリアほど使い方が簡単でシンプルな脱毛器はありません。
お肌に本体を付けて照射ボタンを押すだけです。電源もレベル調整もこの一つのボタンで行えます。

トリア照射

写真ではわかりにくかも知れませんが、
トリアは大きくて重い...

例えばケノンのハンドピースは120gでトリアは584gです。
ケノンの約5倍の重さがあり、照射しやすいかといわれれば、正直しにくいと思います。
まぁ、脱毛は長時間脱毛器を持ち続ける事はないので、
それほど負担にはありませんが、軽くて小さい方が使いやすいのは間違いありません。

また、痛みもありますし、照射面積が狭いので広範囲脱毛するのは大変です。
全身脱毛しようと思えば手間も時間もコストもかかり、
うち漏れも出てきやすいので全身脱毛には向きません。

しかし、他の脱毛器よりも脱毛力の高さがあります。

特に毛が濃い脇や膝下などの脱毛は、本当に家庭用!!
というくらい効果が高いです。

(毛が濃いほうが痛みは強いですが。)

全身とは言いませんが、痛みに慣れれば、脇・足などの主要部位だけなら、
かなり良いと思います。

レーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器の性質が違いますので一概に言えませんが、
太い毛ならケノンより脱毛力は上かも知れません。


トリアはワキやVラインは痛すぎる?

トリアは痛いといいいましたが、ワキやVラインなどの敏感な部位は特に痛みを感じます。
もちろん、始めは低いレベルから照射して少しずつ慣れていけば耐えられない事もありませんが、
お肌が敏感な方はそれでも痛すぎて続けられない可能性もあります。

また、照射範囲が狭い分、ショット数も必要もなりますから、
痛みに耐える時間や期間も長くなります。

しかし、痛みはあるが十分に耐えられるという方もいますので、
そうした方だとトリアは脱毛効果が高い事もあり、
ケノン並みに綺麗に脱毛出来ると思います。

管理人はトリアは長く続けられませんでしたが、
2度くらいの脱毛ですぐに毛がポロポロ抜けるようになり、効果が出てると感じました。

また、ワキやデリケートゾーンは無理でも脚や腕ならしっかりと患部を冷やしながら照射すれば、
痛みに我慢できない事もないと思います。
トリアは上手く使いこさせる事が出来れば十分おすすめの脱毛器です。

男性のヒゲの脱毛もOK

家庭用脱毛器で最もヒゲ脱毛の効果があるのはトリアだと思います。
完全に毛が生えてこないというわけにはいきませんが、
たまに薄い産毛が生える程度には綺麗になります。

しかしヒゲのように毛が太くて密集している部位は痛みが強く、
感覚が麻痺するくらいまで冷やしレベルを下げて使用したほうが良いでしょう。

また、いくらトリアのように脱毛力が高くても10回以上の脱毛しなくてはいけません。
脱毛クリニックでもそうですが、ヒゲは回数も期間も必要なので気長に脱毛を続ける事が大切です。

トリア脱毛器のメリット

脱毛力が高い

トリアの最大出力は22ジュールで最低で6ジュールと言われ、
この最大出力は脱毛サロンよりも高いです。

(脱毛サロンのジュール数はおそらく15以下で照射してます)
実際に使ってみると剛毛の脱毛効果は高く、
先述したように2~3回の脱毛で目に見えて効果がわかります。
使い続ければお肌もつるつるとなると思います。

脱毛力だけに関してはケノンがサロン級ならトリアはサロン以上と言っても過言ではありません。

部分的に脱毛効果が感じやすい

トリアは全身というより照射部位を絞って脱毛すればより効果を感じ綺麗に脱毛出来ると思います。
逆に広い範囲の照射はおすすめしません。

剛毛な男性におすすめ

毛が濃く剛毛な男性にトリアは良いと思います。
男性は全身脱毛というより、脇や膝下を中心に脱毛すると思いますので、
トリアとの相性が良いはずです。もちろん、毛が濃い女性にもおすすめです。

トリア脱毛器のデメリット

照射面積が狭い

上記でもお話したようにトリアは照射面積が狭く、
広い範囲を脱毛するのに向いていません。
例えば、トリアはケノンの10分の1以下の照射面積しかなく、
単純にケノンより10倍以上の照射回数や脱毛期間が必要になり、 その分バッテリーの消耗も激しくなります。

正直トリアの照射面積で全身脱毛は辛いかもしれません。

痛みが強い

トリアはレーザー脱毛ですから痛みが強いです。
特にお肌が敏感なVライン、ワキ、口周りなどは人によっては耐えられないくらいの痛さがあります。

もし敏感な部位の脱毛をする際は、
必要以上に良く冷やしお肌を麻痺させるくらいでないと照射するのは難しいと思います。
もちろん痛みは個人差があるので一概には言えませんが、
まずは低いレベルから照射するのがお勧めです。

使えば使うほど脱毛パワーが弱まる

トリアはフラッシュ脱毛器と違い、バッテリー式なので使えば使うほどパワーが弱まってきます。
しかも照射範囲が狭いので余計に照射回が必要です。

ですから回数が多くならざる終えなくて、使えば使うほどトリアの最大のメリットである
脱毛パワーが失われるのので全身脱毛には向かないということもあります。

因みにトリアはバッテリーの寿命が来たら、半額で本体を購入出来ます。

産毛の効果はイマイチ

トリアは太い毛には効果が高いのですが、産毛の効果はイマイチでした。
産毛の効果ならケノンが高いと思います。

ですから、毛があまり濃くない人はトリアはオススメしません。

手間も時間もかかる

照射面積と話が重複しますが、トリアは照射面積が1㎡とかなり狭く、
その分ショット数も多くなり手間も時間もかかります。

そうなるとバッテリーの消耗も早くなりますし、途中で面倒になってうち漏れも出てきます。
うち漏れが増えると部分的に毛が生えたり生えなかったりする部位が出てきて、
綺麗に脱毛できません。

トリアの疑問・質問

Q.どのくらい痛いのですか?

A.痛みの感じ方は人それぞれでどのくらい痛いかは説明できませんが、
管理人はレベル3で使いましたが、それでも結構痛かったです。
私は痛みに敏感なので、痛いと感じましたが、しっかりと患部を冷やして脱毛すれば、
絶えられるレベルだと思います。
また、痛みは意外と慣れますので、レベルを下げて何回か照射すれば大丈夫なはずです。

Q.トリアとケノンはどちらが良いですか?

A.この質問は多いので、ケノンVSトリアで 両者を徹底比較しております。
興味があるなら是非そちらのページでご確認下さい。

Q.バッテリーの寿命

A.トリアは最大20万発(約300回のフル充電が可能)です。
寿命がきたら電話で問い合わせれば本体価格の半額で新品と交換してもらえます。
(以前は2万円で交換できた)

尚、旧式のトリアのバッテリーがなくなっても最新の4Xと交換してもらえるようです。
当然本体価格の半額の料金がかかります。

Q.トリアは永久脱毛のできるの?

A.トリアに限らず全ての家庭用脱毛器や脱毛サロンでは永久脱毛出来ません。
永久脱毛出来るのは医療機関であるクリニックだけです。
仮に医療機関以外で永久脱毛できるというのは法律違反ということになります。

しかしそうは言ってもうち漏れがなくしっかりと脱毛すれば
ほぼ毛が生えなくなる状態にはなると思います。
仮に生えても産毛のような細い毛が数本生える程度です。

管理人はケノンやトリアを使い脱毛しましたが、ほとんど毛は生えてきていません。
もちろん個人差もありますし、丁寧に脱毛したかにもよります。
<関連>永久脱毛は自宅で使える家庭用脱毛器で出来るの?

Q.トリアは充電しながら照射は出来るの?

A.トリアは充電しながら照射はできませんから使う前は予め充電しておく必要があります。
フル充電するためにはスピード充電で約3時間、サイレント充電なら約8時間かかります。

Q.旧式のトリアと最新の4Xの違いは何?

A.はじめの方でも若干触れましたが、基本マイナーチェンジと言うイメージです。

トリアは今まで「初代」→「トリアプラス」→「4X」と2度リニューアルしました。

どのように変わったか初代と4Xを比べると、
●液晶画面が付き、レベル数値や充電残量や照射カウンターが見られるようになった
●レベル2~4の出力が高まった
●バッテリーのもちが良くなった
●照射のスピードが速まった
●スライド照射ができるようになった

くらいでしょうか。

もちろん初代やトリアプラスより最新の4Xの方が良いですが、
言うほど大差はありませんので旧式のトリアでも十分脱毛出来ます。

Q.I・Oラインの脱毛は可能?

A.トリアはI・Oラインの照射禁止されていますのでお勧めできません。
中には試しているという声も聞きますが、
トリアくらい出力が高いとトラブルを起こす可能性もあります。

自分でI・Oラインの脱毛がしたければフラッシュ脱毛器が良いでしょう。

トリアのまとめ

トリアは脱毛力が高く個人的には好きですが、
クセがある脱毛器ですから全ての方にお勧めできません。
例えば、「そこまで毛が濃くない人」「敏感肌の人」「全身脱毛したい人」
などはトリアは向かないと思います。

イメージとしては部分的毛の濃い人はトリアが最も適していると思います。

管理人は12種類の脱毛器を使いメインはケノンでたまに気になる部位をトリアで脱毛する使い方でした。
ですからトリアをメインでは使っていません。
とにかく始めて脱毛器を使う方でトリアを購入しようと思っているなら、
このページで紹介したことを理解した上で購入して下さい。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器