家庭用脱毛器ランキングTOP家庭用脱毛器のQ&A>フラッシュ脱毛器の全てを余すことなく紹介

フラッシュ(光)脱毛器の全てを余すことなく紹介

フラッシュ脱毛器

数ある家庭用脱毛器がある中でフラッシュ(光)脱毛器は今や主流になっております。
脱毛サロンでもほぼフラッシュ脱毛器です。
家庭用脱毛器の種類に関しては家庭用脱毛器の種類をご覧ください。

そこでこのページではフラッシュ脱毛器について疑問に思うであろう、
使用頻度や効果、仕組み、トラブル、痛みなどについて徹底紹介していきます。

自宅や脱毛サロンで脱毛をする方はフラッシュ脱毛の事だけを理解していれば問題ありませんから、
ここでフラッシュ脱毛器の知識を身に付けて下さい。

フラッシュ脱毛器の仕組み

フラッシュ脱毛の光の性質解説図

フラッシュ脱毛器はインテンスパルスライト(IPL)という幅広い様々な波長を含む光を発し、
その光の中で脱毛に効果のある光をフィルターを通して選別し脱毛するようになっております。

仕組みとしては光の種類だけが違うだけでクリニックで行う一般的なレーザー脱毛(医療)と同じで、
毛の黒い色素に光が反応し、その毛を通じて毛を生やす毛細細胞を熱の力で破壊して、
毛を生えなくしたり、生えてくる毛の量を減らしたりします。

ただ、フラッシュ脱毛は様々な波長の光を放ち光が拡散する特性があるので毛細細胞まで届きにくいのですが、
レーザー脱毛は直線的に無駄なく毛細細胞まで光が届く分、脱毛力が高いという違いはあります。

そのため家庭用脱毛器や脱毛サロンで使うフラッシュ脱毛器では完全に毛細細胞を破壊することは出来ず、
永久脱毛することは出来ません。
もちろん脱毛する前のように戻ることはありませんが、薄い産毛程度は少し生えてきます。

しかし、それでも全然綺麗になりますし、医療レーザー脱毛に比べ価格が安く痛みも少なくてお肌への負担もありません。

ちなみにIPLは美容外科で使われているレーザー美顔器と同じ種類の光で、
フラッシュ脱毛するとお肌が綺麗になると言われているのはそのためです。

フラッシュ脱毛器はどのくらの効果があるの?

家庭用や脱毛サロンに限らず、フラッシュ脱毛では永久脱毛は出来ません。
永久脱毛について詳しく知りたければ家庭用脱毛器で永久脱毛出来るの?をご覧ください。

ですから、完全に毛が生えなくなることはありませんし、
多少なりとも毛が生えてくる可能性は高いと思います。

また、安価な家庭用脱毛器だと、しっかりと脱毛しても出力が弱すぎて照射を止めてしまうと
すぐに元の状態に戻ってしまいます。

しかし、高性能の家庭用脱毛器でしっかりと脱毛すると
ほぼ毛が生えなくなるまでになるはずです。

高性能のフラッシュ脱毛器を購入すれば、脱毛サロンと同等か
出力を自由に調整できる分、脱毛サロンよりも綺麗に出来る事もあります。

フラッシュ脱毛器の使用頻度や脱毛期間

フラッシュ脱毛器の使用頻度や期間

使用頻度や脱毛期間は脱毛周期でもお話していますが
目安としては2週間に1度くらいのペースで照射してください。
脱毛期間は個人差や部位によって異なり一概には言えません。

ざっくりとしたイメージを言うと、半年くらい続ければ、
部位に関係なく、毛の生える量が減ったり、薄くなったりします。
管理人はフラッシュ脱毛器でほぼ全身脱毛し、
約1年で脱毛を終え、自己処理をすることはないといっても良いくらい綺麗になっています。

ただ、あまりにもムダ毛が生えなくなって、少しでも生えれば気になりますから、
今でも4か月くらいに一度は使う事もあります。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの一番の違いはここで、
脱毛サロンだと2カ月に一度くらいのペースで照射するので(毛周期ではなくお店の都合で)
脱毛を終えるのが遅くなり、全身だと3年はかかります。

対して家庭用脱毛器は自分のペースで照射できますから、
結果的に早く終える事が出来るのです。
(もちろん最低限の毛周期を守りながら照射する)

フラッシュ脱毛器の痛みについて

フラッシュ脱毛器の痛み

フラッシュ脱毛器の大きなメリットの一つが痛みが少ない事です。
Vラインやワキなど敏感な部位なら多少なりとも痛みはありまずが、
レーザー脱毛に比べれば明らかに痛みが少なくなります。

痛みの感じ方は人それぞれでもフラッシュ脱毛で痛くて我慢できないという方を聞いたことはありませんし、
もし仮にいたら、脱毛を諦めるしかありません。

もちろん、脱毛ですからまったく痛みがないという事はなくても
痛くて我慢できない状態にはならないと思います。

フラッシュ脱毛器はシミやほくろに使って良いの?

フラッシュ脱毛でもシミやほくろに照射してはいけません。
火傷の恐れがあります。

フラッシュ脱毛といっても普通の脱毛と同じですから、
一般的な脱毛でしてはいけない事と同じです。

シミやほくろもそうですが、日焼けしたお肌とか肌が黒い方も照射は出来ません。

ただ、フラッシュ脱毛は光のパワーが弱く、大きな肌トラブルになることもないので安心して下さい。

脱毛サロンや家庭用の脱毛器は、特別な国家資格がなくても誰でも使えるものなので、
危険過ぎる作りにはなっていませんから、肌トラブルに神経質になる必要はありません。

フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器は何が違うの?

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、光の種類・特性が違うだけで仕組みは一緒です。

違いがあるのは、レーザー脱毛器の方が脱毛効果は高いのですが、
その分痛みも強く、お肌への負担が高い事です。

しかし、家庭用も脱毛サロンもレーザー脱毛器はほとんどなく、
家庭用で言えばトリアくらいです。

ただ、トリアは痛みが強く照射範囲が狭いので、
多くの方はフラッシュ脱毛器を購入する傾向にあります。
(個人的にはトリアは好きですが)

ですから、レーザー脱毛器はほとんど選択肢に入らず、
今ではレーザー脱毛器と言えば、クリニックで使う医療レーザー脱毛器の事をさします。
あまりレーザー脱毛の事は気にしなくても良いです。

フラッシュ脱毛器は男性のヒゲ脱毛には効果が弱い?

ヒゲの脱毛はより高い出力が求められるので、
フラッシュ脱毛と相性が良いとは言えません。

家庭用脱毛器だとケノンくらいしか出来ないと思います。
最近ケノンはストロングカートリッジというヒゲに効果的なカートリッジが出てきて、
それなら何とかヒゲの脱毛を出来るはずです。

トリアもヒゲの脱毛を出来ない事はありませんが、
痛みが強く挫折する方も多いのであまりおすすめは出来ません。

本気で男性がヒゲの脱毛をしたいなら、クリニックの医療レーザー脱毛の方が良いと思います。 痛みもありお金もかかりますが、永久脱毛出来るので髭剃りをしなくても良くなります。

フラッシュ脱毛器でVIO脱毛は可能か?

フラッシュ脱毛器でVIO脱毛は可能?

フラッシュ脱毛器でもVIO脱毛は可能ですがI・Oライン脱毛は推奨されていません。

というのも、脱毛サロンでは普通にフラッシュ脱毛器でVIO脱毛をします。
家庭用脱毛器も同じ仕組みのフラッシュ脱毛器でなんら違いはありません。

しかし、IOラインは他の部位に比べより敏感で、しかも自分でIOラインの照射は大変です。
(普通に照射はできますが器用さがいります。)

ですから、もし慣れていない方が照射を間違えて肌トラブルを起こしてしまうと、
メーカー側の責任を追及される恐れがあるので表立っておすすめしていないのです。

ただ、管理人は実際にフラッシュ脱毛器で自分でVIO脱毛しました。
もちろん、自己責任ではありますが、他の部位に比べ照射は難しくても慣れれば普通に出来ると思います。 今ではデリケートゾーンの自己処理はほとんどしていません。

女性同士でもクリニックや脱毛サロンで
他人に照射されるのは恥ずかしい方は是非試してください。
【関連】家庭用脱毛器のVIO脱毛の注意点やポイント

フラッシュ脱毛器の副作用は?

フラッシュ脱毛は特殊な光を使うので、
皮膚がんなどの副作用を起こすのではないか心配する方もいますが全く問題ありません。

皮膚がんになる可能性があるのは紫外線で、フラッシュ脱毛のインテンスパルスライトとは全く別の波長です。
もし仮にフラッシュ脱毛をして皮膚がんになるのなら
、普段紫外線を浴びている我々はとっくに皮膚がんになっています。

しかし、副作用ではありませんが脱毛は強い光をお肌に当てて、毛を生えなくすることなので、
お肌が赤くただれたりする可能性はゼロではありません。
ただ、フラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛に比べパワーが弱い事から普通に使えば、
大きな肌トラブルを起こす可能性はかなり少ないです。

おすすめのフラッシュ脱毛器ランキング

ここはあくまでもフラッシュ脱毛器のランキングです。
家庭用脱毛器についての詳しい知識や総合ランキングは、脱毛器でご確認下さい。


ケノン

フラッシュ脱毛器を選ぶならケノンしかないというくらい高性能です。 脱毛力の高さ、痛みの少なさ、ランニングコストの安さ、全身効率的に脱毛できる照射範囲の広さなど 今のところケノンを超える家庭用脱毛器はないと思います。 管理人もケノンで全身綺麗に脱毛できました。

価格 電気 種類
69,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身向き 10段階 9.25m 6連射
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
少ない 0.0185円 あり 子供~大人
保証期間 お支払い
3年間 最大24回分割


ブラウンシルクエキスパート

電気シェーバーの世界的なメーカーのブラウンが発売した家庭用脱毛器です。
仕組みはフラッシュ脱毛器で使いやすくしっかりと脱毛も出来ます。ただ、脱毛パワーが弱く、 ケノンや脱毛エステ並みの脱毛とはいきませんし、脱毛パワーが弱い割には若干の意味もあります。 またカートリッジの交換ができないため、使い切ったら本体を購入しなければいかず、 ランニングコストも決して安くありません。

価格 電気 種類
41,524円(税込) コンセント・アダプター フラッシュ なし
用途 レベル 照射面積 連射機能
全身 自動調整 6㎡ なし
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
なし 約2.9円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 一括


光エステ

パナソニックが発売しているフラッシュ脱毛器です。価格が安く痛みもほぼありませんから、 はじめて脱毛する方がお試し的に使うのは良いかもしれません。 しかし、ブラウンシルクエキスパート以上の脱毛パワーが弱く、本格的な脱毛はできません。 使用するのを止めればすぐに元の毛深い状態になるので、使い続ければければいけないというデメリットもあります。 一応フラッシュ脱毛器ですが、イメージとしては電気シェーバーに近いかもしれません。

価格 電気 種類
10,000円~21,000円 コンセント式 フラッシュ 若干あり
用途 レベル 照射面積 連射機能
腕・脚・脇 1段階 5.25㎡ なし
痛み 1ショットコスト 美顔器機能 対象
なし 0.54円 なし 子供~大人
保証期間 お支払い
1年間 一括

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピ
安定感抜群の脱毛器