家庭用脱毛器は痛いって本当?

家庭用脱毛器は本当に痛いの?

どんな家庭用脱毛器を使うにせよ、まったく痛みがないということはありません。
多少なりとも痛みは感じます。

ここで重要なのは、その痛みに耐えられるかということです。
痛みの感じ方は人によって違いますので、何ともいえないところですが、
使い方を間違えなければ十分耐えられる程度の痛みだと思います。

例えば、脱毛器はレベル調整でき、
いきなりレベルMAXでビキニラインの脱毛すれば当然痛くて耐えられません。
逆に足を最小レベルで脱毛すれば、たいした痛みはないと思います。

確かに脱毛するということはお肌に刺激を与えると言う事ですので、
ある程度の痛みはありますが、
それは脱毛器の使い方次第でいくらでも調整できるので、
そこまで心配することはありません。

また、はじめは痛くても徐々に慣れてきて、それほど痛みは感じなくなります。

具体的に各家庭用脱毛器の痛さは人気家庭用脱毛器の徹底比較にまとめていますので、
そのページを参考にして下さい。

それでは家庭用脱毛器の痛みについて詳しく見ていきましょう。

肌質や部位によって痛みが異なる。

痛みの感じ方は個人差もありますが、肌質や部位によって感じ方が変わります。

お肌の色が黒いと痛みが強い

脱毛が痛い仕組み

脱毛は毛の黒い色素に光が反応して熱を出し、
毛乳頭にダメージを与える事で発毛を抑えます。

ただ、光は毛の色と肌色の区別が出来ませんから、
日焼けした肌や色黒の人は毛根だけではなくお肌表面まで
熱を与えてしまい痛みを感じてしまいます。
つまり、お肌の表面が軽く火傷している状態だということです。

また、そうした理由もありホクロや黒いシミに照射すると強い痛みを感じます。
<関連>色黒・タトゥー・ホクロがある方は脱毛できる?

敏感肌で乾燥肌も痛みは強い

敏感肌で乾燥肌の人はお肌の潤いが足りず、
お肌が火傷しやすいということなので痛みが感じやすいと思います。

特にアトピーのような極度の敏感肌の人は、
脱毛する前に痛み対策を十分に施す必要があります。
<関連>アトピーや敏感肌でも家庭用脱毛器を使って大丈夫?

VIOやワキ、ヒゲなどの部位は痛みが強い

「VIO」「ワキ」「ヒゲ」など皮膚が薄かったり、毛が密集していたりする部位も痛みが強くなります。 特に女性のVIOは痛みを強く感じるでしょう。

こうした部位を脱毛する際は、低出力から照射を始め徐々にレベルを上げていくのがポイントです。

どのような痛みなの?

よく表現されるのは、ゴムでパチンと弾いたような痛みだと言われます。
確かに管理人もはじめてレベルMAXで使った時はそのような表現の痛みでした。

ただ一瞬なので決して我慢できないわけではありませんし、徐々に痛みは慣れてきます。
また、部位によってはレベルMAXで照射してもそれほど痛いとは感じません。

痛みの感じ方は個人差はありますが、思っている以上に全然大丈夫だと思います。

フラッシュ脱毛器がおすすめ

家庭用脱毛器には様々な種類がありますが
最も痛みが少なく且つ効果が高いのがフラッシュ脱毛器です。

フラッシュ脱毛器は光が拡散する特性があり、お肌に余分な熱を与える事がなく、
毛根部分に集中してダメージを与える事が出来、お肌へのダメージを抑えながら脱毛していけます。

対して、レーザー脱毛器は脱毛効果は高いのですが
痛みは強く部位によって我慢できない人もいると思います。
実際に家庭用レーザー脱毛器のトリアは脱毛が慣れている管理人でもかなりの痛みを感じました。

しかし、その分脱毛効果も高いので、痛みに強く剛毛な人にはおすすめの脱毛器です。
<関連>家庭用脱毛器の種類

脱毛の痛みを和らげる方法は?

脱毛の痛みを和らげる

家庭用脱毛器で痛みを和らげる方法はいくつかありますが、
最もオーソドックスなのは冷やす事でしょう。
フラッシュ脱毛器はそれほど出力が高くありませんから、
しっかりと冷やせばかなり痛みを軽減出来ます。
もちろん冷やす以外の方法もありますので、いくつか紹介いたします。
是非参考にして下さい。

患部を冷やす

家庭用脱毛器や脱毛エステでは、麻酔は使えませんので、
患部を冷やすことで痛みを和らげます。
保冷剤、冷たいタオルなど冷やし方は何でも良いです。
どのくらい冷やすかは個人差によるので自分で調整すれば良いでしょう。

冷やさないという選択肢はありませんので、
必ず行なってください。
ここを怠ると、痛みだけではなく、火傷してしまう可能性もあります。

保湿をする

お肌が乾燥していれば痛みも強くなります。
ローション、ジェル、クリームなんでも良いので、
脱毛する前は保湿する事も大切です。

尚、ここで良い化粧品を使う必要はありません。
ドラックストアで販売されている安いもので十分です。

レベルを下げて照射する

当然ではありますが、レベルを上げた方が痛みは強いですが脱毛効果が高く、
レベルを下げれば痛みは少ないですが、脱毛効果は弱まります。

ですから、まずは低レベルから照射を始め、徐々に慣らしていけば、
レベルMAXでも痛みはそれほど感じなく出来ます。

日焼けをしない

脱毛している時は日焼け自体NGで
少しでもお肌を焼かないように普段から気を付ける事も必要です。

特に真夏は小まめにUVを塗り日焼けは十分に注意して、
海など強い日差しがあたる場所は避けた方が良いでしょう。

もし日焼けしてしまったら、一旦脱毛を中断して
お肌が落ち着いてから脱毛を始めて下さい。

麻酔クリームを購入する

どんなに痛みを和らげようとしても痛くて我慢できない方は、
麻酔クリームを購入すると良いでしょう。
有名なのはエムラクリームです。1,000円~2,000円台で購入できるはずです。

ただ、麻酔クリームは、法律の問題で直接購入する事はできませんから、
個人輸入しているとこから購入することになります。
(法律違反ではない) エムラクリームと検索すれば個人輸入の店が沢山出てきます。

基本的に麻酔クリームなので、副作用が絶対ないという保証はありませんが、
普通に病院でも使うものですから、神経質になることもありません。

脱毛前はカフェインを飲まない

カフェインを神経を刺激して、意味を感じやすくしますので、
脱毛前は極力飲むことを控えたほうが無難です。
神経質になることはありませんが、
脱毛する前日と当日は控えたほうが良いと思います。
ただ、少量なら問題ありません。

体調を万全にする

睡眠不足や疲れがある時に脱毛すると、痛みを感じやすくなります。
家庭用脱毛器の場合は、自分で脱毛する日を決めれるので、
体調が良い日を狙って脱毛して下さい。

痛み止めの薬を飲む

一応薬局などで痛み止めを購入して飲む事もあるのですが、
あまりおすすめは出来ません。
というのも薬に配合されている成分が光に反応して肌トラブルを起こす「光線過敏症」になる可能性があるからです。

具体的な症状としては、「皮膚の赤み・かゆみ」「ただれ・湿疹」みたいなものが出ます。
これは光に対してアレルギーがある方で、基本は紫外線に浴びる事で起きますが、
念のために痛み止めを飲むのを止めた方が良いでしょう。

もし服用したい場合、クリニックに行って医師の管理下の元で飲む方が良いでしょう。
もちろん、まったく影響が出ないケースもあります。

痛みに耐える事も大切

フラッシュ脱毛器でも痛みを和らげる対策をしても
脱毛効果を求めるなら多少なりとも痛みがあります。

前述したように脱毛を毛根を火傷させるということなので痛みを感じないわけはありません。
逆に痛みがまったくないという事は脱毛効果がないとも言えます。

家庭用脱毛器や脱毛サロンのフラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛のように
出力が高いわけではありませんから痛みは知れています。

仮に痛みが強かったとしてもレベルを下げれば良いだけです。
とにかく家庭用脱毛器でもまったく痛みがないわけではありますが、
十分に耐えられるということだけを理解出来れば良いでしょう。

次のページ脱毛効果を最大限発揮するために毛周期を理解する

このページを読んだ方は以下のページも読んでいます。

ケノン 第1位 ケノン
現在発売されている中では
最強の脱毛器
トリア 第2位 トリア
剛毛で悩んでいる方に
おすすめのレーザー脱毛器
センスエピ 第3位 センスエピX
手軽で使いやすい脱毛器